Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@mmclsntr

【New Relic】CloudWatch Metric Streamsをマルチリージョンに設定する

概要

マルチリージョン構成におけるCloudWatch Metric Streamsの設定について。

CloudWatch Metric Streamsについて

CloudWatch Metric Streamsは、CloudWatchメトリクスの情報を外からポーリングして取得するのではなく、AWS側からプッシュするような形でストリームさせる機能。
AWS Blog : https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/cloudwatch-metric-streams-send-aws-metrics-to-partners-and-to-your-apps-in-real-time/

New Relicも対応しており、通常のポーリング形式よりも早くメトリクス情報が反映されるため、Violationも素早く検知される。

New Relic Blog : https://blog.newrelic.com/product-news/aws-cloudwatch-metric-streams/

構成

構成としては、

AWS [ Metric → Metric Stream → Kinesis Data Firehose ] → New Relic

という流れであるが、AWS側の各リソースはリージョンリソースである。

ポーリング形式の場合、IAMロール/ユーザーを通して取得されるため、グローバル単位でのメトリクス収集が可能であったが、CloudWatch Metric Streamsの場合は、リージョン単位でのメトリクス収集となる。

そのため、マルチリージョン構成のシステムのメトリクスを連携するにはそれぞれのリージョンにMetric Streamの設定をする必要がある。

New Relicのドキュメントにもその旨は記載されている。

If you manage multiple regions within those accounts, then each region needs to be configured with a different Kinesis Data Firehose pointing to New Relic

https://docs.newrelic.com/docs/integrations/amazon-integrations/aws-integrations-list/aws-metric-stream/#map-accounts-regions

マルチリージョンへの設定

New Relic側

AWS Integrationの設定は、アカウントごとに1つで問題ない。リージョンごとにインテグレーションを設定する必要はない。

AWS側

リージョンごとにCloudWatch Metric StreamsおよびKinesis Data Firehoseの設定が必要。

New Relic側の手順にもあるCloudFormationを使ったセットアップを利用する場合は、リージョンそれぞれにスタック作成を行う。
https://docs.newrelic.com/docs/integrations/amazon-integrations/aws-integrations-list/aws-metric-stream/#setup-cloudformation

※ Kinesis Data Firehoseのエラーイベント保存のためのS3バケットはリージョンごとに分ける。その他の値は同じでOK。

確認

それぞれで設定ができていれば、New Relic側のAWS IntegrationのAccount Statusダッシュボードの「Total Metric by AWS Region」でリージョンごとの収集メトリクス数合計を確認できる。

image.png

まとめ

New Relicとの連携に限らず、CloudWatch Metric Streamsは各リージョンごとへの設定が必要ということが注意点。マルチリージョン 構成の場合は忘れずそれぞれに設定する。

New Relic側はリージョンごとに設定は特に必要ないので、形としてはシンプル。

2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?