VPN
commandline
packetix

PacketiX VPNをコマンドラインで使う

More than 1 year has passed since last update.

PacketiX VPNをインストールすると、vpncmd(Windowsの場合はvpncmd.exe もしくは vpncmd_x64.exe)というCUIで制御するアプリケーションがついてきます。
このアプリケーションに引数を与えることでPacketiX VPNを制御出来ます。

例:接続と切断

今回は既に「クライアント接続マネージャ」で接続が出来る設定が登録されており、それを用いて接続と切断を行います。

vpns.png

接続

Windowsの場合はコマンドプロンプトで実行出来ます。

connect
vpncmd localhost /client /CMD AccountConnect 接続設定名

切断

disconnect
vpncmd localhost /client /CMD AccountDisconnect 接続設定名

ファイルを指定して実行

コマンドをテキストファイルに書き込んでおいて、ファイルパスを指定して動作させることも出来ます。
例えば下記はtest.txtというファイルの内容です。

test.txt
AccountConnect 接続設定名

これを下記コマンドで実行することが出来ます。実行すると接続処理が行われます。

file
vpncmd localhost /client /IN:"(ディレクトリパス)test.txt"

使えるコマンド一覧表

https://ja.softether.org/4-docs/1-manual/6/6.5