Xcode
iOS
mapbox
Swift

Mapbox iOS SDK プロジェクト初期化メモ

詳しくは下記に書いてある。

First steps with the Mapbox iOS SDK | Mapbox

以下、xcodeでSingle View Applicationを作成したとして説明。

Mapboxの導入

  1. Mapbox iOS SDK oveviewのページから、SDKをダウンロード。(dynamic framework releaseの部分がzipファイルへのリンクになっている)
  2. zipファイルの中のMapbox.frameworkファイルをEmbedded Binariesにドラッグ&ドロップ。

スクリーンショット 2017-07-15 8.48.38.png

info.plistへキー追加

以下4つを追加。

キー
MGLMapboxAccessToken String MapboxのAccessToken
MGLMapboxMetricsEnabledSettingShownInApp Boolean YES
Privacy - Location Always Usage Description String Shows your location on the map and helps improve OpenStreetMap.
Privacy - Location When In Use Usage Description String Shows your location on the map and helps improve OpenStreetMap.

Main.storyboard 編集

  1. ViewControllerのViewを選択する。
  2. Custom ClasswをMGLMapViewに変更する。
    スクリーンショット 2017-07-15 9.04.46.png

  3. MapViewのプロパティを設定する。
    スクリーンショット_2017-07-15_9_05_57.png

コード編集

  • import Mapbox追加
  • MGLMapViewDelegate追加
  • storyboardのviewをViewControllerに接続。
  • mapView.attributionButton.isHidden = trueを追加。
    • こうすると、mapの右下の i アイコンが非表示になる。
import UIKit
import Mapbox

class ViewController: UIViewController, MGLMapViewDelegate {
    @IBOutlet var mapView: MGLMapView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        mapView.attributionButton.isHidden = true
    }

    :
}

以上でビルドすると、現在地とともに地図が表示される。