Edited at

Homebrewを使ってRictyをインストール

More than 1 year has passed since last update.

大したことじゃないんだけど、 ググると古い記事やまわりくどい手順のものが引っかかるので、記事にしておきます。


環境

macOS High Sierra 10.13.2(17C205)


手順

$ brew tap sanemat/font

$ brew install ricty
$ cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
$ fc-cache -vf

コレだけ。

powerline 用のパッチが当たったものが欲しければ、 brew install 時に --with-powerline を指定。

$ brew install ricty --with-powerline

他にもいくらかオプションがあるので、 brew options で確認してください。

$ brew options ricty

--with-oblique
make oblique fonts
--with-patch-in-place
Patch Powerline glyphs directly into Ricty fonts without creating new 'for Powerline' fonts
--with-powerline
Patch for Powerline
--without-fullwidth
Disable fullwidth ambiguous characters
--without-visible-space
Disable visible zenkaku space

調べてる中で、オプションの内容が古い記事をいくらか見つけました。

この記事も当然最新の内容ではなくなっていくので、鵜呑みにせずちゃんと確認しておいたほうがいいですね。