Help us understand the problem. What is going on with this article?

【初心者】AWS CloudFormation を使ってみる

More than 1 year has passed since last update.

目的

  • CloudFormation のテンプレートがある程度読めるようになりたい。ハンズオン等で「このテンプレートをデプロイして下さい」と言われることがあるが、中身がよく分からないテンプレートを実行して、想定外のリソースができてしまったりするのが嫌なので。

やったこと

  • 以下を実現するシンプルな CloudFormation テンプレートを作成する。
    • VPC, IGW, Subnetを作成する。
    • SubnetにIGW向けのルーティングを入れる。

構成図

cf構成図.png

作業手順

  • AWS公式のテンプレート「DNS およびパブリック IP アドレスを持つ Amazon VPC」 を見て、必要な設定のみ残す。
  • 「Resources」で設定している内容は以下の通り。
    • VPC: VPCを作成する。IPレンジ(10.0.0.0/16)は固定。
    • Subnet: Subnetを作成する。IPレンジ(10.0.0.0/24)は固定。
    • InternetGateway: IGWを作成する。
    • AttachGateway: VPCにIGWをアタッチする。
    • PublicRouteTable: RouteTableを作成する。
    • Route: RouteTableにRoute(0.0.0.0/0をIGWへ)を追加する。
    • PublicSubnetRouteTableAssociation: RouteTableとSubnetを紐づける。
sampletemplate.json
{
    "AWSTemplateFormatVersion" : "2010-09-09",
    "Description" : "Test template",

    "Parameters" : {
      "StackName": {
        "Description" : "Please input StackName.",
        "Type": "String",
        "Default" : "SampleStack",
        "AllowedPattern" : "[-a-zA-Z0-9]*",
        "ConstraintDescription" : ""
      },
    },

    "Resources" : {
      "VPC" : {
        "Type" : "AWS::EC2::VPC",
        "Properties" : {
          "CidrBlock" : "10.0.0.0/16",
          "Tags" : [{"Key" : "Name", "Value" : { "Ref" : "AWS::StackName" }}]
        }
      },
      "Subnet" : {
        "Type" : "AWS::EC2::Subnet",
        "Properties" : {
          "VpcId" : { "Ref" : "VPC" },
          "CidrBlock" : "10.0.0.0/24",
          "Tags" : [ {"Key" : "Name", "Value" : { "Ref" : "AWS::StackName" }} ]
        }
      },
      "InternetGateway" : {
        "Type" : "AWS::EC2::InternetGateway",
        "Properties" : {
          "Tags" : [ {"Key" : "Name", "Value" : { "Ref" : "AWS::StackName" } } ]
        }
      },
      "AttachGateway" : {
         "Type" : "AWS::EC2::VPCGatewayAttachment",
         "Properties" : {
           "VpcId" : { "Ref" : "VPC" },
           "InternetGatewayId" : { "Ref" : "InternetGateway" }
         }
      },
      "PublicRouteTable" : {
        "Type" : "AWS::EC2::RouteTable",
        "Properties" : {
          "VpcId" : {"Ref" : "VPC"},
          "Tags" : [ {"Key" : "Name", "Value" : { "Ref" : "AWS::StackName" } } ]
        }
      },
      "Route" : {
        "Type" : "AWS::EC2::Route",
        "DependsOn" : "AttachGateway",
        "Properties" : {
          "RouteTableId" : { "Ref" : "PublicRouteTable" },
          "DestinationCidrBlock" : "0.0.0.0/0",
          "GatewayId" : { "Ref" : "InternetGateway" }
        }
      },
      "PublicSubnetRouteTableAssociation" : {
        "Type" : "AWS::EC2::SubnetRouteTableAssociation",
        "Properties" : {
          "SubnetId" : { "Ref" : "Subnet" },
          "RouteTableId" : { "Ref" : "PublicRouteTable" }
        }
      },
    }
}
  • マネージメントコンソールからjsonファイルを読み込んでstackを作成する。Parametersで「StackName」を入力させるようにしており、ここで入力した値がVPC等のリソースのNameに反映される。

cf01a.png

所感

  • 変なリソースが作られないように、他人のテンプレートの実行前にはきちんと内容をチェックするようにし、あわせて読解力を高めていきたい。
mksamba
検証したことが何かの役に立てばと思い記録、公開しています(内容の正確性は保証できません)。また、所感等は個人の見解です。
kddi
KDDIは、通信を中心に周辺ビジネスを拡大する「通信とライフデザインの融合」をより一層推進し、国内はもとよりグローバルにおいても、5G/IoT時代における新たな価値創造を実現し、お客さまの期待を超える新たな体験価値の提供を追求してまいります。
http://www.kddi.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away