Git
GitHub

githubでリモートへの初回pushでよく手間取る

概要

久々にリポジトリを作った時に、あれ、前どうやってpushの設定したっけ。。。となるのでメモ。

本題

自分のなかで よく遭遇するうまくいかないポイントはちゃんとリモートを追加できていないこと。以下のコマンドを実行すればリモートが表示されるのだが、表示されない。

git remote -v

表示されないなら、設定されていないってことだよね、じゃあgit remote addでリモートの設定をすれば良いじゃん?と安直な考えから、以下のことをするとエラーが出てしまってうまく設定できない。

$ git remote add origin https://github.com/[アカウント名]/[レポジトリ名].git
> fatal: remote origin already exists. <-こんなこと言われる

この際に、addではなくset-urlにするとリモートを追加することができる。

$ git remote set-url origin https://github.com/[アカウント名]/[レポジトリ名].git

この後にpushをすることでようやく初回pushができる。

git push -u origin master