Edited at

Windows で強制的にディレクトリを削除する


免責

使い方次第では危険なコマンドが含まれています。

使い方には注意してください。

何か問題が発生しても当方では一切の責任を負いません。


はじめに

まれに権限のおかしいフォルダ・ファイルがユーザーフォルダ下にも関わらずできてしまい、管理者ですら削除できないということがある。

そんなときの備忘録。


所有者の設定

chown 的な

> takeown /s <PCNAME> /u <USERNAME> /f .\TARGETPATH /r



  • /s : PC の名前。設定->システム->バージョン情報->デバイスの仕様のデバイス名から確認できる


  • /u : 設定するユーザーネーム


  • /f : ファイルまたはフォルダを指定する


  • /r : 再帰的に処理する

内容を読み取る権限すら無いとここで警告される。

そのアクセス許可もここで同時にできる。


権限の設定

chmod 的な

> icacls .\TARGETPATH /grant <USERNAME>:F /T



  • /grant : 指定したユーザーにアクセス権を付与。: の後ろには以下のような(一部抜粋)許可マスクを使用できる

     N - アクセス権なし
    
    F - フル アクセス権
    M - 変更アクセス権
    RX - 読み取りと実行のアクセス権
    R - 読み取り専用アクセス権
    W - 書き込み専用アクセス権
    D - 削除アクセス権


  • /T : 再帰的に処理する



削除の実行

> rd /s .\TARGETPATH



  • /s :ファイルやサブディレクトリも含めて削除する