Edited at

UE4でMirageSoloのアプリを作ってみる

More than 1 year has passed since last update.

スタンドアロンVRハッカソンにて

周り全部のチームがUnityの中で

僕たちのチームがUE4でOculusGoとMirageSolo両対応のアプリを作るという

チャレンジをしてみた(ΦωΦ)!!

UE4のエンジニアさんにゲームの作成はお願いして

僕はずっとMirageSoloへの移植できるように準備進めてたので

その時Soloへビルドできるまでの内容をざっくりと書いておきます。

英語読める人は下記の公式ページ読むとすぐにできます(ΦωΦ)

https://docs.unrealengine.com/en-us/Platforms/GoogleVR/Daydream

https://docs.unrealengine.com/en-us/Platforms/GoogleVR/HowTo/CameraSetup

UE4のバージョンは4.19.2です。

■AndroidSDK、NDK、Ant、Gradleとか

Code Works for Androidに入ってるGradleのバージョンは古いのとなんかビルドが失敗しまっくたので

AndroidStudioで最新のものを入れてから環境変数のパスを書き換えておいたほうが無難です。


デフォルトのレベルで6Dofが確認できるようになるまで


プラグインの設定変更

●Google VR

●Google VR Motion Controller

この2つを入れます

チェックを入れると再起動してねっとくるので再起動してね(ΦωΦ)


プロジェクトの設定

基本的な設定はUE4でDaydreamのビルドをする流れでOKです

https://qiita.com/YuukiOgino/items/8a2cbdb9b9718f03c30c

変更点は1つ

Advanced APKPackagingの設定を

6Dofだけにしておいてください。

そして、以下の二点だけは注意です。

●Mobile Multi-View

僕の方で調整できてないせいなのかなと思いますが

Renderingの設定でこれチェックすると真っ暗のままでした

●Enable Gradle instead of Ant

こちらも調査してみてますが

チェック外すと起動しても真っ暗なままになるので

チェックは入れておいてます。

この状態で実機起動してデフォルトの板の上で自由に動けたらOKです。


Daydreamのコントローラーを表示する

英語読める人はここで!!(ΦωΦ)

https://docs.unrealengine.com/en-us/Platforms/GoogleVR/HowTo/MotionController


コントローラーの表示

こんな感じでカメラのPawn準備してその下に

GoogleVRMotionControllerを入れれば

UE4test.JPG

こんな感じにコントローラーが表示されますー


こちらにGoogleVRMotionControllerを追加してそのしたに

MotionControllerをつけます。

Controllerからレイを飛ばしてたのですが

GoogleVRMotionControllerから位置を取ろうとするとうまく行かなったので

MotionControllerを子にして対応するとうまくいきました。

002.JPG

これで完了でーす(ΦωΦ)