Help us understand the problem. What is going on with this article?

EC2インスタンス作成~ログインまで(画像つき)

今回は
EC2インスタンスをweb上から作成し、ログインまでの箇所を画像つきで進めていきます。

EC2インスタンスの作成

  • ログイン > EC2インスタンス

以下の画面になると思います。
そこで、インスタンスの作成 を行います。

インスタンス _ EC2 Management Console - Google Chrome 20.png

  • OS を選択。

検索窓で、CensOS7 を検索(今回はCentOS7を作成します。)
AWS Marketplaceに移動すると、CentOS7があるので、選択します。

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C.png

  • 料金の表示

このOSはこれだけの料金かかりますよ と言ってくれます。
ですので、次へ。

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C1.png

  • インスタンスタイプの選択

次はCPUとかメモリとか決めていきます。
特に負荷がかかることをしないのであれば、一旦t2.nanot2.microでやってみることをおすすめします(費用的に)

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C2.png

  • インスタンスの詳細設定

このインスタンスはどこで立てますか?IPアドレスつける?など設定していきます。
今回は、自動割当パブリックIPのみ変更し、有効にします。
これはIPアドレスを自動で割り当てるというものです。

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C3.png

  • ストレージの追加

次はストレージの容量、要するにHDDの容量どれくらいにする?SSD?HDD?など決めていきます。
特に指定がないので、サイズはデフォルトの8GBにしておきます。
また、終了時に削除にチェックを入れておくと、EC2インスタンスを削除した際に一緒に消えてくれるので手間が減って便利です!

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C4.png

  • タグの追加

いっぱいサーバがあって料金の計算をしたい...など様々なことが出来ますが、最初は一旦nameだけでOK

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C5.png

  • セキュリティグループをの設定

セキュリティグループの設定を行います。
どこからのアクセス(ここでいうソース)を許可するか。
どういうプロトコルを許可するか。
など設定できます。

今回は、webサーバを作る予定なので
ログインするためのSSHとアクセスするためのHTTPを開けておきます。
ソースは自分のIPアドレスを記載。

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C6.png

  • 確認

今まで設定してきたものが表示されるので、OKだったら起動を行います。

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C7.png

  • キーペアの作成

キーペアの選択を行います。
キーペアとはインスタンスへの接続時に使用される認証情報。
イメージ、SSHの鍵のようなものです。
既存のものを使わない場合は、新しいキーペアの作成からキーペア名を入れて、キーペアのダウンロードをする必要があります。
完了したら、インスタンスの作成 に進みます。

インスタンスウィザードを起動 _ EC2 Management Console - Google C8.png

  • EC2のページへ戻る

EC2インスタンスの作成が完了したら、EC2の画面へ戻ります。
すると、新しいインスタンスが表示されました!

無題.png

ログイン

  • 用意するもの

    • キーペア
    • パブリックIPアドレス(EC2のページへ戻るの画像の下の方にIPv4パブリックIPが書かれている)
  • キーペアの権限を変更します。

$ chmod 600 test-server.pem
$ ls -al .ssh | grep test-server.pem
-rw-------. 1 root vboxsf 1704  9月 15 20:28 test-server.pem
  • ログイン

CentOSでEC2インスタンスを作成した際のデフォルトユーザがcentos
Amazonlinuxではec2-userになり、OSごとにデフォルトユーザが違うので、注意してください

ssh -i .ssh/test-server.pem centos@XX.XX.XX.XX
[centos@ip-XX-XX-XX-XX ~]$ 

ログイン出来ました

注意

  • EC2インスタンスは使ったら落としましょう

EC2インスタンスは、起動時間がそのまま費用になってきます。
ですので、必要ないときはEC2インスタンスを落としておきましょう。

以下でインスタンスを落とすことが出来ます。
1. 落とすEC2インスタンスにチェックを入れる
2. 右クリック(アクション)インスタンスの状態停止

無題 - ペイント 2020-09-15 21.06.34.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away