LoginSignup
52
44

More than 5 years have passed since last update.

Sonic Pi入門

Last updated at Posted at 2018-10-04

Sonic Piで遊んでみた。

Sonic Piとは

音楽を作りながらプログラミング(Ruby)を学べるシンセサイザー。
ライブコーディングで音楽を奏でたりできて楽しそう。

公式:https://sonic-pi.net/

インストール

公式に飛んでportable版をダウンロード&インストールしました。
image.png

こんな感じのワークステーションが起動した。
image.png

使ってみる

エディタにplay 60と入れてalt + rを押下(macはcommand + r)。

ruby
play 60

ちなみに再生を停止するにはalt + s。
60はmidiの規格でドの音程らしい。なのでドの音が鳴るはず。
次にドミソを順に鳴らしてみる。

ruby
play 60
sleep 1 # 1拍休む
play 64
sleep 1
play 67

sleepで休む長さは use_bpmで変更できる。

ruby
# defaultは60
use_bpm 120

play 60
sleep 1 # 1拍休む
play 64
sleep 1
play 67

音程はcなどのkeyで指定することもできる。

ruby
# defaultは60
use_bpm 120

play :c4 # c4メジャー
sleep 1 # 1拍休む
play :e4
sleep 1
play :g4

細かいエフェクトを指定する。

ruby
play :c4, amp: 0.1    # 音量を小さく
sleep 1 # 1拍休む
play :e4, release: 2  # fade-in
sleep 1
play :g4, attack: 2   # fade-out

エディタ上の命令(playとか)にカーソルがある状態で
alt + iを叩くとヘルプが表示されるので参考に。

コードで和音指定してみる。

ruby
play chord(:c4, :major)

sleepを挟む。

ruby
# 0.5はsleepの長さ
play_pattern_timed chord(:c4, :major), 0.5

スケールで音階を指定する。

ruby
play_pattern_timed scale(:c4, :major), 0.5

音階の中で音をシャッフルする。

ruby
play_pattern_timed scale(:c4, :major).shuffle, 0.5

シャッフルさせる時、Sonic Piでは疑似乱数を使っているので、
何度再生しても同じ順で再生される。
これを変えるにはシード値を変えてあげればいい。

ruby
use_random_seed 10
play_pattern_timed scale(:c4, :major).shuffle, 0.5

ログに値を出力する。
ついでに乱数の使い方も。

ruby
use_random_seed 10
# ログ出力にはputsを使う。
puts rand(10) # 0以上10未満のランダムな実数
puts rand_i(10) # 0以上10未満のランダムな整数
puts rrand(3, 6) # 3以上6未満のランダムな実数
puts rrand_i(3, 6) # 3以上6未満のランダムな整数
puts [60, 64, 67].choose # 指定範囲のランダムな値

# 10回ループする。
10.times do
  # 60~70の音を6割~9割の音量で再生。
  play rrand_i(60, 70), amp: rrand(0.6, 0.9)
  # 休みの長さは1/2か1/4のどちらか。
  sleep [0.5, 0.25].choose
end

eachとloop。

ruby
# リストの要素を1つずつ取り出して再生。
notes = [60, 64, 67]
notes.each do |note|
  play note
  sleep 0.5
end

# ringを指定して最後まで行ったら先頭に戻る。
notes = (ring 60, 64, 67)
loop do
  # tickで次の要素に進める。
  play notes.tick
  sleep 0.5
end

シンセを使う。

ruby
# 用意されている音色を1つずつ再生。
synth_names.each do |s|
  puts s
  use_synth s  # 音色を変えるにはuse_synthを使う。
  play 60
  sleep 1
end

サンプリング音源を使う。

ruby
loop do
  # 例えばアーメンループ
  # sleepの長さよりサンプル音源の長さが長いと音が被る。
  # beat_stretchでサンプル音源の長さを2拍に変更。
  # もしくはbpm(Beats Per Minute)をサンプル音源に合わせる。
  # use_sample_bpm :loop_amen
  sample :loop_amen, beat_stretch: 2
  sleep 2
end

サンプル音源は画面下のエリアで確認できる。
image.png

loop命令を複数記述しても1つ目のloopで回り続けてしまう。
ループを同時に実行したい。
→live_loopを使う。

ruby
use_sample_bpm :loop_amen

live_loop :amen do
  sample :loop_amen, amp: 0.5
  sleep 1
end

live_loop :piano do
  sample :ambi_piano
  sleep 1
end

エフェクトを使う。
画面下のエリアで「エフェクト」を開くとオプションの説明が見られる。
image.png

ruby
use_sample_bpm :loop_amen

live_loop :amen do
  with_fx :wobble, phase: 4 do
    sample :loop_amen, amp: 0
  end
  sleep 1
end

live_loop :piano do
  with_fx :echo, mix: 0.1 do
    sample :ambi_piano
  end
  sample :ambi_choir, amp: 0
  sleep 1
end

ドラムループを使う。

ruby
# Ball Drum
# Snare Drum
# Hi-hat
# がドラムセットの基本らしい。

use_bpm 128

live_loop :drum do
  sample :bd_sone
  sleep 1
  sample :bd_sone
  sample :sn_dolf
  sleep 1
end

live_loop :hh do
  nil
  sleep 0.5
  sample :drum_cymbal_closed
  sleep 0.5
end

サンプルコード。
https://github.com/naman03malhotra/genesis/blob/master/edm_genesis.rb

52
44
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
52
44