Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macにおけるバックスラッシュ(\)の入力方法

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この投稿は、macOSをJISキーボードで使っている時、プログラミングでよく使われるバックスラッシュ(\)を入力するための方法を記しています。

環境

  • macOS10.13.6で動作確認を行っています。
  • Google 日本語入力は、2.24.3250.1(2018年9月18日時点のもの)で動作確認を行っています。

やり方(macOS標準の場合)

macOSをJISキーボードで使っている場合、バックスラッシュ(\)の入力は

  • optionキーを押しながら、¥キーを押す。(Mac mini 等で Windows用のキーボードを接続している場合は Alt キー)

の方法でできます。

毎回、optionキーを押しながら入力するのは面倒くさい人は、macOSについているIME「ことえり」の設定を変えることで対応可能です。

  1. 画面右上に、黒地で白文字の「A」が出るように選択
  2. 「"キーボード"環境設定を開く...」を選択
  3. 「入力ソース」の「"¥"キーで入力する文字」を「\(バックスラッシュ)」に変更

スクリーンショット 2018-09-18 20.50.54.png

やり方(Google 日本語入力の場合)

Google日本語入力の場合でも、バックスラッシュ(\)の入力は、

  • optionキーを押しながら、¥キーを押す

の方法でできます。

毎回、optionキーを押しながら入力するのは面倒くさい人は、Google日本語入力の設定を変えることで対応可能です。

  1. 画面右上に、青字で白文字の「A」が出るように選択
  2. 「環境設定...」を選択
  3. 「一般」の「¥キーで入力する文字」を「\(バックスラッシュ)」に変更

スクリーンショット 2018-09-18 20.58.37.png

miyohide
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした