Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google HomeでのLine送信ではまったので!

More than 1 year has passed since last update.

すごいよ!!IFTTT(イフト)

還暦エンジニアのくせに、IFTTTって今まで知らなかった。
IFTTT(イフト)とは、多くのサービス(LineとかGmailとかGoogle Home)をノンプログラミング簡単にし実装できるらしい。しかもオリジナルを作成、公開したりできるらしい。
いつのまにこんなことができるようになったんだ?
自分の無知にほとほと呆れてしまう。

今回、こちらのページを参考に、Google HomeからLineにメッセージを送るようにしてみたときに、はまってしまったり、わからなかったりした部分をメモとして残しておこうと思う。

伝言を Google Home に声で伝えれば内容をテキストで Line に送る、という機能を作った。とても簡単。
http://yasukawa.hamazo.tv/e7716426.html

全体の構成 IFTTTってなんだ?

大きな流れというか「やり方」ではなくて「やること」をわかっていなかったので、説明と実際が少しでも異なると行き詰ってしまった。
ざっくり言うと、
1. IFTTTというツールの集合体がある。
2. その中から二つのツールを結合して
3. Appletを作成して条件をいれて発動させる
ということみたいだ。

今回使うのは、
- Google Homeから音声をテキストで取り込むGoogle Assistantツール
- 取り込んだテキストを送信するのが Lineツール
ということ。

大きな流れ

最初にやっておくべきことがある。これがわかっていないとちんぷんかんぷんになる。それは?
- 各ツールはそれぞれ使えるようにIDとかメアドとか登録する
- 初回だけ各ツール別にに登録が必要(Connectボタン)
- **IFTTT(イフト自体が初めての場合は初回登録が必要)

はまったこと

  • 思ったサービスがない⇒SearchとかMoreで探せる
  • Lineグループがわからなかったらググって調べる
    どういうことかというと、Line Notifyをいうユーザー=友達ができて、その人を含めた会話をする設定にするという意味になる。 自分のLine IDからメッセージを送るイメージでいると意外と迷う。
    つまり、
    「誰かに送信したい場合は自分+Line Notifyという友達+送りたい友たちを追加する必要がある。」ということ。

試行錯誤したものの、わかってしまえば「こんな単純なの」って、ほんと恥ずかしい....

PS
説明不足や間違いがあったら教えてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away