ConoHaのVPSにCoreOSをインストール

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

情報が古いものが多くて悩んだのでメモ。相変わらずGMOのサービスはわかりづらいつらい。


手順


1. サーバを追加

希望のスペックで作成。OSはCoreOSをインストールするのでなんでも良し。


2. サーバをシャットダウン

ISOをマウントできるように一回落とす。


3. APIユーザ作成

API→APIユーザ作成からつくる。

そのページで


  • テナントID

  • APIユーザのユーザ名

  • 入力したパスワード

をメモしておく


4. 手元のPCでCLIでの操作ツールをダウンロード

$ mkdir tmp

$ cd tmp
$ curl -sL https://github.com/hironobu-s/conoha-iso/releases/download/current/conoha-iso-osx.amd64.gz | zcat > conoha-iso && chmod +x ./conoha-iso


5. iosイメージのダウンロード

$ export OS_USERNAME=<ユーザ名>

$ export OS_PASSWORD=<パスワード>
$ export OS_TENANT_ID=<テナントID>
$ export OS_REGION=tyo1
./conoha-iso download -i "http://stable.release.core-os.net/amd64-usr/835.13.0/coreos_production_iso_image.iso"

上記を実行した後、下記を実行したときにイメージが表示されるまで待つ。URLでキャッシュしてるぽいので、バージョンを指定してダウンロードしないと古いものがダウンロードされてしまった。conohaが悪いのかconoha-isoが悪いのかは知らない。

./conoha-iso list


6. イメージのマウント

./conoha-ios insert を実行する

$ ./conoha-iso insert

[1] main-coreos (133-130-114-155)
Please select VPS [1]: 1

[1] coreos_production_iso_image.iso
Please select ISO [1]: 1
INFO[0004] ISO file was inserted and changed boot device.


7. サイトからVPSを起動し、コンソールを立ち上げてインストール処理

ここにしたがって進める https://www.conoha.jp/conoben/archives/4282

サーバのページのネットワーク情報のところでIPアドレスを見れるのでメモっておく。


パーティションを削除

$ sudo fdisk /dev/vda

p
d
d
wq


パスワード設定

$ sudo passwd core

これで使いづらいコンソールではなくSSHで操作できるようになる


ローカルPCからsshログイン

$ ssh core@[サーバIP]


cloud-config.yamlを作成

下記のcloud-config.yamlを作成。(公開鍵は書き換え必須)

$ vi ~/cloud-config.yaml


cloud-config.yaml

#cloud-config

ssh_authorized_keys:
- ssh-rsa AAAAB...



インストール

$ sudo coreos-install -d /dev/vda -C stable -c ~/cloud-config.yaml


8. シャットダウン

$ sudo poweroff 


9. ISOをイジェクト

$ ./conoha-iso eject

[1] main-coreos (133-130-114-155)
Please select VPS [1]: 1
INFO[0005] ISO file was ejected.


10. 再度VPSを起動

設定した鍵を使ってSSHログインできればおk


11. イメージ保存しておく

もうめんどくさいのやりたくないので、一回シャットダウンしてイメージを保存しておくのが良さそう。