gitignore_globalでgit管理するファイルをグローバルで設定する

.gitignoreにいちいち.DS_Storeとか追加したくない

グローバルで管理できないのか調べてみた。

やりかたは簡単でターミナルで

// グローバルの.gitignoreファイルを作成
$git config --global core.excludesfile ~/.gitignore

すると自分のホームディレクトリ(/Users/UserName)に.gitignore_globalが作成されるので、git管理したくないファイルをここに設定する。

.gitignore_globalでどのファイルを管理すればいいのか?

githubが推奨しているっぽいのは以下の模様。
.gitignore_globalには以下を書いておけば問題ないと思う。

# General
.DS_Store
.AppleDouble
.LSOverride

# Icon must end with two \r
Icon


# Thumbnails
._*

# Files that might appear in the root of a volume
.DocumentRevisions-V100
.fseventsd
.Spotlight-V100
.TemporaryItems
.Trashes
.VolumeIcon.icns
.com.apple.timemachine.donotpresent

# Directories potentially created on remote AFP share
.AppleDB
.AppleDesktop
Network Trash Folder
Temporary Items
.apdisk

参考:github/gitignore

.gitignore_globalを有効化する

ターミナルで以下のコマンドを叩く

// グローバルの.gitignoreファイルを作成
$git config --global core.excludesfile ~/.gitignore_global

もしくは、~/.gitconfigに以下を記述する。↑のコマンドを叩くと.gitconfigに同じ記述がされる

[core]
    excludesfile = /Users/your_user_name/.gitignore_global

プロジェクトごとの.gitignoreではどのファイルを管理すればいいのか?

プロジェクト次第だけど、これもgithubが公開しているものが参考になりそう。
githubが推奨するgitignore

ElmとかElixirとか新しめの言語も対応している。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.