Edited at

エクセルの限界。100万行付近のデータ加工、編集

More than 1 year has passed since last update.

結論から言うとデータ編集をするのはお勧めできません。

この記事を書くくらいの時間が確保できます。

10万行以下でシートを分割して編集を1万行ずつすることをお勧めします。

試したスペック

CPU i7

mem 8G

(あらすじ)

凄い多くのデータを編集して作成する必要があった。

データはエクセルでの納品が義務だった。

97 - 2003までのExcelでは約6万5000件が限界だったが,

Office 2007では約104万行までの行数を扱えるようになった。

ってことで2007以降のエクセルでデータ編集することに。

3つの試練到来。

1、起動するべからず。

起動しないわけにはいかないのですが

データが増えると当然起動に時間がかかります。

結構無駄な時間です。

2、コピーをするべからず。

データをコピーすると大変時間がかかります。

そして10万行あたりのコピーになってくるとリソース不足エラーが出て

頻繁に落ちます。実行する場合は死を覚悟してこまめに保存ししてください。

3、関数を埋め込むべからず。

関数を1行1行に埋め込んだり、文字列結合をして編集すると確実に死にます。

1万行ずつ関数をコピーしたらいける場合もありますが良く固まります。

そして起動ができなくなります。どうやら起動時に全行の関数を読み込んでくれているようです。

起動と同時に固まります。戻せなくなります。

結果として10万行を超えるデータの編集、加工は向いてません。

どうしてもエクセルで編集、加工したい場合はデータをわけてください。