Vagrant Cloudにサインインしたついでにboxを登録してみる

More than 3 years have passed since last update.


Vagrant Cloudのアカウント作成

https://atlas.hashicorp.com/account/new からアカウント作ります。

必要事項をいれたらCreate accountをポチッ。


新規にboxを追加


まずは新規につくる

DevelopmentにあるName the box hereを選択。

Development   Atlas by HashiCorp.jpeg


box名などの入力

まあ見たまんまですね。

Create a Box   Atlas by HashiCorp.jpeg


バージョンの入力

セマンティック バージョニングのルールでバージョンナンバーとその説明を入れてあげる。

New Box Version   Atlas by HashiCorp.jpeg


プロバイダーの選択とboxファイルのアップロード

boxのリポジトリが作られました。

この段階だと、どのプロバイダーに対応しているboxか分からんとのことなのでCreate new providerをポチッ。

miyamoto_ta test   Atlas by HashiCorp2.jpeg

providerにvirtualboxといれて、Uploadを選択してContinue to uploadを選択。

New Box Provider   Atlas by HashiCorp.jpeg

boxファイルを選択してアップロード。

Edit Provider   Atlas by HashiCorp.jpeg

99%でfinishってボタンが出たけど気にせず押す。


boxファイルの作り方

boxファイルはvagrant packageを実行するとpackage.boxってのが出来るです。


boxの追加

Vagrant Cloudにアップしたボックスはvagrant box add [ユーザ名]/[box名]で利用可能になる。


サインインしたついでに↑の方法でやったけど、Vagrantfileに設定書いてやる方法もあるみたい。

そのほうが簡単そうだなぁ。