Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macの連絡先データをCSVに変換する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

そろそろ年賀状の季節なので、準備を始めました。

連絡先データの書き出し

連絡先アプリを起動し、ファイルメニューから「書き出す」-「vCardを書き出す」を選択。
半角英数でファイル名を指定して保存。

変換用スクリプトのダウンロード

vCard to LDIF/CSV Converter

上記のリンク先から最新版をダウンロードするか、以下のコマンドを実行。

$ cd ~/Downloads
$ curl -L -O https://github.com/thomascube/vcfconvert/archive/v0.8.9.zip
$ unzip v0.8.9.zip

2017年11月12日現在の最新版は0.8.9

スクリプトの修正

変換にPHPスクリプトを使用しているのですが、vCardの連絡先が多いとエラーになるので使用するメモリー量を変更。

「vcfconvert.sh」の20行目あたりに以下の一文を追加。

vcfconvert.sh
@ini_set('memory_limit', '512M');

コマンドの実行

保存した連絡先のファイルを「source_file」という名前に変更し、ダウンロードした「vcfcontert-0.8.9」というフォルダに保存。

保存したら以下のコマンドを実行。

$ cd ~/Downloads/vcfconvert-0.8.9
$ ./vcfconvert.sh -hv -f csv -d ";" -o destination_file.csv source_file.vcf

実行後、「destination_file.csv」というファイルが生成される。

Numbersで開く

Numbersで開き、CSV形式で保存。

Excelへの取込

Excelを開き、新規ファイルを作成。
ファイルメニューから「インポート」を選択。
「CSVファイル」を選択して「インポート」をクリックし、ファイルを選択。
「テキストファイルウィザード」で、「区切り記号付き」、元のファイルは「Unicode (UTF-8)」を指定して「完了」をクリック。

できた!

mix_dvd
ExcelのマクロやWebアプリケーション、iOSアプリを作っています。 また、しまねソフト研究開発センター専門研究員の業務を受託しています。http://www.s-itoc.jp
http://blueomega.jp
s-itoc
しまねソフト研究開発センター(ITOC)はITを活用する企業の支援と研究開発の拠点です。
http://www.s-itoc.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした