Help us understand the problem. What is going on with this article?

GoogleAnalytics イベントトラッキングの設定 (ユニバーサルアナリティクス向け)

More than 1 year has passed since last update.
  • 外部サイトへのリンクや、pdfのダウンロードボタンのクリック数を計測したいとき、ソースコードにイベントトラッキングというタグを埋め込む必要があります。その手順についてまとめました。

手順

:large_orange_diamond: Step1

  • 計測したいタグをソースコードから探しましょう。ここでは例として、「http://example.com/」 という外部サイトへリンクする以下のaタグを使用します。
<a href="http://example.com/" target="_blank">サンプルページへ飛びます</a>

:large_orange_diamond: Step2

  • 以下のonclickタグをaタグ内に記述します。
onclick="ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 値);"
  • 「send」「event」はそのまま文字通り指定すればOKです。
  • 「カテゴリ」「アクション」は必須で、「ラベル」「値」は任意で指定します。各項目の説明は以下の表にまとめました。
項目 内容 入力例
カテゴリ(必須) 計測したい対象物 link, pdf
アクション(必須) 計測したいユーザの操作 click, download
ラベル(任意) 固有の名前(リンク先の名前, pdf資料名など) www.example.com, サンプルpdf
値(任意) 指標にする数値 100
  • ラベルには、「www.example.com」や「サンプルページ」、などリンク先の内容を入れると良いと思います。
  • 値には、計測データの指標値を指定したい場合に記述します。例えば、1クリック=100円とカウントしたいときは、100を指定すればOKです。

:large_orange_diamond: Step3

  • 以下はタグ設置後の例です。サーバに反映させたら完了です!
<a href="http://example.com/" onclick="ga('send', 'event', 'link', 'click', 'サンプルページ');">サンプルページへ飛びます</a>

おまけ:タグ設置後の確認

  • GoogleAnalyticsを開き、左メニューの ①行動 > ②イベント > ③サマリーから確認できます。
  • ページ下にある「上位のイベント」では、Step2で指定した項目ごとにデータを確認できます。
  • 【注意】タグ設置後、テストでクリックしてもすぐにはデータは取れないかもしれません・・・私は1時間後ぐらいにデータがとれました!

140905-0007.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away