4
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

開発チームメンバーの情報発信を後押しする為にやってみたこと

はじめに

社内のチャットなどで雑談や技術情報を共有するチャンネルを作っていることもあると思います。
弊社でもそんなチャンネルがあるのですが、ただ部屋を用意するだけでは一部の人が投稿するだけで、参加はしているけど直接質問でもされない限り発信をしない方も一定数は存在しています。

自ら発信しない人の中には、ただ業務として部屋に参加しているだけだしそこまで関わりたくないという人もいれば、人に聞かれれば答えるけど自分からは積極的に発信しない人など、発信しない(しづらい)理由はその人ごとにあると思います。1

今回は人に聞かれれば答えるけど自分からは積極的に発信しない人を後押しする為にSlack Appを作ったという話になります。

つくったもの

とりあえずSlackにした理由とかはあとにして、作ったものはこちらです。

Chatty

Slack Appの画面で登録設定さえしてもらえれば手元で動作確認は可能です。
手順はREADME.mdに記載しています。

質問を自分たちで編集したり、社内で運用する目的で作成したのでSlack Appディレクトリに公開はしていません。

あと、これは試作段階で用意したサンプルになります。
実際に運用しているプロジェクトは別にあります。

なぜSlackなのか

弊社はフルリモートワークなので、最初はチームの雰囲気を作りながら情報交換する流れを作れるかなと思い、GatherTeamflowなどのバーチャルオフィスツールを導入しようかと考えましたが、開発メンバーはそれぞれ別のプロジェクトに参加していて、ミーティングの時間帯が違うことや、プロジェクトが忙しい時は参加するのは難しいかもという声も多くありました。
その中で社内で普段使用しているSlackでの情報共有が一番負担が少なくできそうという考えは共通していたので、Slackで情報交換する場をもっと活性化させていこうと考えた事がきっかけです。

Collaとの出会いと開発動機

活性化させるには情報発信に抵抗がある人たちにも投稿してもらいたいが、投稿依頼などするのも何か違うなと考えていたところ、弊社では元々別の雑談部屋にCollaを導入しているのを思い出し、人と比べてBotからの質問なら無視をしても気にならないし、質問された事を答えているという体なので何もないところから投稿するよりも心理的な負担が少なくなるかなと考えました。

雑談でのコミュニケーション活性化ならCollaの質問のバリエーションや機能が豊富で優れているのですが、質問パターンに雑談だけでなく技術に関わる質問も用意したかったのとCollaは回答を一定時間ストックするような仕様があった為、社内用に作成することにしました。

開発

Slack Appの作成は初めてでしたが、公式ページの入門ガイドで動きを把握してから、GitHubのTypeScriptで作られたプロジェクトのサンプルをベースに作りました。

Bolt 入門ガイド
GitHub bolt-js/examples/getting-started-typescript

運用ルール

ざっくり決めたルールはこんな感じです。

  • 質問Botはcronで週1回の営業日にチャンネル参加メンバーの中からランダムで数名抽出する(毎回全員に送るようなことはしない)
  • 質問はランダムで選ばれるが、他の質問を要求できるので答えれる質問だけに答えれば良い
  • Botからの質問は答えたいときに回答してOK(気分が乗らない時は無視しても良い)

ゆるく情報交換できる文化の土台ができればとよいと考えているので、部屋に参加してもらう以外の強制は極力しない方針にしています。

こういった事を始めるときには、ある程度の強制力もないと難しく失敗してしまうこともあるのですが、個人がガチガチに決めたルールで作られた場よりも、少しの決まりだけで時間をかけながら徐々に自分たちに合った形ができあがってくる方が理想に近かった為、ゆるいルールで進めています。

運用してみて

導入したばかりなので結果はこれから見えてくると思います。
ある程度は作り替えていければと考えていますが、チームに合わなければ全く別の方法に変更もしていくと思います。

おわりに

弊社もこれからずっとリモートワークが続いていくので全てのことがオンラインで成り立つように今後も色々と取り組んでいきたいです。
今回の事もこれだけで全てが上手くいくとは考えていませんが、目に見えるところから少しづつ変化をつけていければと思います。


  1. そもそも心理的安全性が低い環境だと...というのはあるかと思いますが、今のチームは低い状態ではないです。オンラインで会話する時も話のタネがあれば雑談で盛り上がったりしている状態なのでどちらかというと高めな方だと思っています。 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What are the problem?