Edited at

RaspberryPiでSTM32開発環境の構築

More than 1 year has passed since last update.


RaspberryPiでSTM32開発環境の構築

RaspberryPi3でSTM32 ARMマイコンを開発できるよう環境構築する。


用意したもの

-開発ホスト

RaspberryPi3

OS:Raspbian

-開発ターゲット

STM32 Nucleo Board STM32F303K8

RaspberryPi3とNucleoはUSBケーブル(Nucleo側はmini)で接続


参考サイト

参考にしたサイトは以下。

UbuntuでSTM32 ARMマイコンの開発環境を整える


手順


(1)ToolChainのインストール

RaspberryPi3にはiPadからSSHで接続しているため、CUIで開発できる環境を選んだ。

sudo apt-get install binutils-arm-none-eabi gcc-arm-none-eabi

sudo apt-get install gdb-arm-none-eabi


(2)ST-LINKドライバのインストール

Nucleoボードにはデバッガが搭載されているためST-LINKのドライバをインストールする。

ビルドにcmakeを使用するためインストールしておく。

sudo apt-get install cmake

sudo apt-get install libusb-1.0

適当なディレクトリで

git clone https://github.com/texane/stlink

cd stlink
make
cd build/Release
make
sudo make install

LD_LIBRARY_PATHに/usr/local/libを設定する


(3)プログラム作成

プログラミングの内容は別途こちらに記載。

main.elfがバイナリとして作成されたとする。


(4)ST-LINKの起動

st-util


(5)ST-LINK GDBクライアントによるプログラムの書き込み

ST-LINKとは別のコンソール立ち上げGDBを起動する。

arm-none-eabi-gdb main.elf

(gdb) tar ext :4242

この4242はST-LINKで使用するポート。

続いて書き込み。

(gdb) load

実行。

(gdb) kill

(gdb) run

そして、プログラムが走り出す。