search
LoginSignup
57

posted at

updated at

デバッグに役立つSwiftの標準出力関数3種

Swiftには標準出力関数がいくつか用意されているのでその違いについてまとめます。

print

  • 一般的な標準出力関数
  • 値をカンマ区切りで渡せる 1
    • e.g. print(1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0)
  • カンマ区切りで渡した値を出力するときの区切り文字を指定できる 1
    • e.g. print(1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0, separator: " ... ")
  • 終端文字を指定できる 1
    • デフォルト値は改行文字 /n
    • 最後に改行したくないときは空文字 "" を指定する
      • e.g. print(1.0, terminator: "")

debugPrint

  • print より詳しい情報を出力するとされる 2 が、printと変わらない場合が多い
  • Xcodeの リリース用ビルドでも出力される ので注意 3
  • print と同様、カンマ区切りで値を渡したり区切り文字や終端文字を指定できる 2

dump

  • Mirrorという、クラス・構造体・列挙型の情報をあらわす構造を出力 4 5
  • printdebugPrint よりも詳細な情報が出力される

出力例

Range

let range = 1...5

print(range)
// 1...5

debugPrint(range)
// CountableClosedRange(range)

dump(range)
// ▿ CountableClosedRange(range)
//   - lowerBound: 1
//   - upperBound: 5

Array & Dictionary

let array: [Any] = [1, 2, ["a": 3, "b": 4]]

print(array)
// ["b": 2, "a": 1]

debugPrint(array)
// ["b": 2, "a": 1]

dump(array)
// ▿ 2 key/value pairs
//   ▿ (2 elements)
//     - .0: "b"
//     - .1: 2
//   ▿ (2 elements)
//     - .0: "a"
//     - .1: 1

UIView

let view = UIView(frame: CGRect(x: 0, y: 0, width: 100, height: 100))

print(view)
// <UIView: 0x7f815d4055f0; frame = (0 0; 100 100); layer = <CALayer: 0x60800003b220>>

debugPrint(view)
// <UIView: 0x7f815d4055f0; frame = (0 0; 100 100); layer = <CALayer: 0x60800003b220>>

dump(view)
// - <UIView: 0x7f815d4055f0; frame = (0 0; 100 100); layer = <CALayer: 0x60800003b220>> #0
//   - super: UIResponder
//     - super: NSObject

雑感

普段良く使うのは print だと思いますが、状況によっては debugPrintdump を試してみるのも良いと思います。

とにかく詳しい情報を見たいときは dump を使ってみるのが良さそうです。

環境

$ swift --version
Apple Swift version 3.0.1 (swiftlang-800.0.58.6 clang-800.0.42.1)
Target: x86_64-apple-macosx10.9

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
57