Help us understand the problem. What is going on with this article?

NuxtのパスパラメータありきのページがFirebase Hosting上で404になる問題を回避する

Nuxt.jsのSPAモードで作ったアプリケーションをFirebase Hostingにデプロイしたとき、パスパラメータのあるページでリロードをすると404になってしまう問題に遭遇したので、その回避方法を紹介します。

※ 前提
この記事のサンプルコードでは TypeScript + Composition API を使用しています。

原因

Nuxtでパスパラメータを表現したいときは、以下のようにディレクトリを切ることで動的ルーティングが実現できますよね。

pages
├── users
│ └── _id.vue
└── index.vue

このように定義することで/users/{id}というページが動的に生成されるようになります。
しかしSPAモードでbuildした場合、こういった動的ルーティングをしているページは静的ページとして生成されないため、リロードすると404になってしまうのです。

回避方法

Firebase Hostingのカスタム404ページを使用し、404ページからもとのパスへリダイレクトさせることでリロードを実現することができます。

カスタム404ページを用意する

pages配下に404ディレクトリを作成し、index.vueを作成します。

pages
├── 404
│ └── index.vue // 追加
├── users
│ └── _id.vue
└── index.vue

ビルド時、ルートディレクトリに404.htmlが生成されるようnuxt.config.jsにgenerateプロパティを追加します。

nuxt.config.js
export default {
    generate: {
        routes: ['404']
    }   
}

/404/index.vueで現在のパスをクエリパラメータにセットし、リダイレクト用ページへリダイレクトさせます。

index.vue
<script lang="ts">
import { defineComponent, onMounted, SetupContext } from '@vue/composition-api'

export default defineComponent({
  setup(_props, context: SetupContext) {
    onMounted(() => {
      const pathName: string = window.location.pathname
      context.root.$nuxt.$router.push('/redirect?path=' + encodeURI(pathName))
    })
  }
})
</script>

リダレクトページを用意する

pages配下にredirect.vueを作成します。

pages
├── 404
│ └── index.vue
├── users
│ └── _id.vue
├── redirect.vue // 追加
└── index.vue

クエリパラメータのパスを取得し、もとのページへリダイレクトさせます。
こうすることで動的にページ遷移をする要領でパスパラメータありきのページが表示できるようになり、404エラーを回避することできます。

redirect.vue
<script lang="ts">
import { defineComponent } from '@vue/composition-api'

export default defineComponent({
  layout: 'empty',
  asyncData({ base, redirect, query }) {
    const param: string | (string | null)[] = query.path
    if (param === undefined || typeof param !== 'string') {
      return redirect('/')
    }
    const redirectPath: string = '/' + param.replace(base, '')
    return redirect(redirectPath)
  }
})
</script>

これでNuxtのSPAモードでパスパラメータを使用していても、リロードができるようになりました!
同じ問題で困っている方のヒントになれば幸いです。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした