search
LoginSignup
4

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Windows10 に WSL(Ubuntu18.04) を導入 する

目的

  • Windows10にWSL(Windows Subsystem for Linux)を導入方法を知る
    ※WSLのLinux(Ubuntu)はコマンドライン操作のみ

この記事のターゲット

  • WSLをWindows10の環境に導入したい方
  • Ruby on Railsの環境をWindows10でも構築したい方
  • Linuxコマンドを気軽にWindows10環境で実行したい方
  • Linuxの勉強をしたいが構築が大変で困っている方

作業概要

  1. Windows10の設定を変更しWSLを有効化する
  2. WSLをインストールする
  3. セットアップする
  4. 最新状態にアップデートする

作業詳細

  1. Windows10の設定を変更しWSLを有効化する
    1. コントロールパネルを起動する。
    2. 「プログラム」をクリックする。 WSL_01.png
    3. 「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。 WSL_02.png
    4. 「Windows Subsystem for Linux」の項目にチェックを入れてOKをクリックしてから、一旦PCを再起動する。 WSL_03.png
  2. WSLをインストールする
    1. Windowsボタンをクリックして「Microsoft Store」をクリックする。 WSL_04.png
    2. 検索窓に「Ubunu」と入力してEnterを押下する。
    3. 検索結果にある「Ubuntu 18.04」をクリックする。※筆者は「インストール済み」となっていますが、本来この記載はありません。 WSL_05.png 1.「入手」をクリックする。 WSL_06.png
    4. インストールが完了するのを待つ。 WSL_07.png
    5. インストールが完了するとMicrosoft Storeの画面に「起動」のボタンが現れるのでクリックする。 WSL_08.png
    6. 下記のような画面が起動するので待つ。
      WSL_09.png
  3. セットアップする
    1. 下記画面に切り替わったらユーザ名を入力する。入力完了後Enterを押下する。 WSL_10.png
    2. 下記画面になったらパスワードを入力する。入力完了後Enterを押下する。 WSL_11.png
    3. 下記画面になったら再度先ほどと同じパスワードを有力する。入力完了後Enterを押下する。 WSL_12.png
    4. 下記画面になったらセットアップは完了
      WSL_13.png
  4. 最新状態にアップデートする

    1. Ubuntuのコマンドウインドウの帯部分を右クリックして「プロパティ」をクリックする。 WSL_14.png
      1.「簡易編集モード」「Ctrl+Shift+C/Vをコピー/貼り付けとして使用する」にチェックを入れて「OK」をクリックする。
      WSL_15.png
    2. 下記コマンドを実行してサーバの接続先を日本サーバに切り替える。実行後、先に設定したパスワードの入力を求められるので、入力してEnterを押下する。
    $ sudo sed -i -e 's%http://.*.ubuntu.com%http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux%g' /etc/apt/sources.list
    [sudo] paassword for ユーザ名:
    # パスワード入力してEnter
    

    WSL_16.png
    1. 下記コマンドを実行してUbuntuをアップデートする。※下記の様にY/nと出たらYを入力してEnterを押下する。

    $ sudo apt update
    $ sudo apt upgrade
    

    WSL_18.png
    1. アップデートが完了したら導入は完了!
    WSL_19.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
4