Edited at

Windows10 に WSL(Ubuntu18.04) を導入 する


目的


  • Windows10にWSL(Windows Subsystem for Linux)を導入方法を知る

    ※WSLのLinux(Ubuntu)はコマンドライン操作のみ


この記事のターゲット


  • WSLをWindows10の環境に導入したい方

  • Ruby on Railsの環境をWindows10でも構築したい方

  • Linuxコマンドを気軽にWindows10環境で実行したい方

  • Linuxの勉強をしたいが構築が大変で困っている方


作業概要


  1. Windows10の設定を変更しWSLを有効化する

  2. WSLをインストールする

  3. セットアップする

  4. 最新状態にアップデートする


作業詳細


  1. Windows10の設定を変更しWSLを有効化する


    1. コントロールパネルを起動する。

    2. 「プログラム」をクリックする。


    3. 「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。


    4. 「Windows Subsystem for Linux」の項目にチェックを入れてOKをクリックしてから、一旦PCを再起動する。




  2. WSLをインストールする


    1. Windowsボタンをクリックして「Microsoft Store」をクリックする。


    2. 検索窓に「Ubunu」と入力してEnterを押下する。

    3. 検索結果にある「Ubuntu 18.04」をクリックする。※筆者は「インストール済み」となっていますが、本来この記載はありません。

      1.「入手」をクリックする。


    4. インストールが完了するのを待つ。


    5. インストールが完了するとMicrosoft Storeの画面に「起動」のボタンが現れるのでクリックする。


    6. 下記のような画面が起動するので待つ。





  3. セットアップする


    1. 下記画面に切り替わったらユーザ名を入力する。入力完了後Enterを押下する。


    2. 下記画面になったらパスワードを入力する。入力完了後Enterを押下する。


    3. 下記画面になったら再度先ほどと同じパスワードを有力する。入力完了後Enterを押下する。


    4. 下記画面になったらセットアップは完了






  4. 最新状態にアップデートする


    1. Ubuntuのコマンドウインドウの帯部分を右クリックして「プロパティ」をクリックする。



      1.「簡易編集モード」「Ctrl+Shift+C/Vをコピー/貼り付けとして使用する」にチェックを入れて「OK」をクリックする。



    2. 下記コマンドを実行してサーバの接続先を日本サーバに切り替える。実行後、先に設定したパスワードの入力を求められるので、入力してEnterを押下する。

    $ sudo sed -i -e 's%http://.*.ubuntu.com%http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux%g' /etc/apt/sources.list
    
    [sudo] paassword for ユーザ名:
    # パスワード入力してEnter




    1. 下記コマンドを実行してUbuntuをアップデートする。※下記の様にY/nと出たらYを入力してEnterを押下する。

    $ sudo apt update
    
    $ sudo apt upgrade




    1. アップデートが完了したら導入は完了!