Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel 勉強中のAPIについて超基礎部分を簡単にまとめる

目的

  • APIについて勉強中であるが、知識として溜まってきて整理が必要なのでまとめる
  • ※APIは難しいものではないので気楽に読んでいただけたら幸いである

実施環境

  • ハードウェア環境(下記の二つの環境で確認)
項目 情報
OS macOS Catalina(10.15.3)
ハードウェア MacBook Pro (16-inch ,2019)
プロセッサ 2.6 GHz 6コアIntel Core i7
メモリ 16 GB 2667 MHz DDR4
グラフィックス AMD Radeon Pro 5300M 4 GB Intel UHD Graphics 630 1536 MB
  • ソフトウェア環境
項目 情報 備考
PHP バージョン 7.4.3 Homwbrewを用いて導入
Laravel バージョン 7.0.8 commposerを用いて導入
MySQLバージョン 8.0.19 for osx10.13 on x86_64 Homwbrewを用いて導入

そもそもLaravelAPI(APIサーバ)って??

  • 指定のURLなどのリクエストをAPIサーバに送るとURLに紐づけられた情報がレスポンスとして得られるサーバの事である。
  • 主に自分の様な初学者のみなさんの勉強しているLaravelはそのLaravelアプリ内でブラウザ表示まで完結しているものがほとんどである。
  • 初学者のみなさんが勉強するLaravelアプリはリクエストに対してビューなどの「綺麗に見せるためのデータ」も含めてレスポンスとして返却している。
  • APIとはリクエストに対してその「綺麗に見せるためのデータ」を省き、DBに格納された文字列や数値、ステータスコードのみを返却するものである。
  • 「リクエストをもらう」 → 「Laravelフレームワーク内で処理する」 → 「レスポンスを返す」という流れはAPIも一緒である。(この記事で最悪これさえ理解できていればOK!)
  • 下記にLaravelアプリ(初学者のみなさんが最初に勉強するもの)の処理の簡易図を記載する。

    スクリーンショット 2020-05-22 14.36.49.png

  • 下記にLaravelAPIの処理の簡易図を記載する。

    スクリーンショット 2020-05-22 14.37.01.png

LaravelをAPIとして使用した際のレスポンスのデータ

  • レスポンスとして得られるデータはJSONというデータフォーマットを用いる。
  • ビューなどのデータが含まれないデータだけがLaravelのAPIから返却される。
  • 下記に今の段階での情報でのLaravelAPIの処理の簡易図を記載する。

    スクリーンショット 2020-05-22 14.59.35.png

APIのレスポンスを確認できるアプリ

  • 「スマホアプリなどがないとLaravelAPIの勉強できないんじゃない?」と感じたと思う。
  • 「スマホアプリなど」の役割をしてくれるPC用アプリケーションがある。
  • 下記のPostmanというアプリを使用することにより、LaravelAPIにリクエストを送ることができる。
miriwo
web系のバックエンドの知識を習得中!
https://miriwo.hatenablog.com/
boomtechcafe
埼玉県の朝霞台を拠点にエンジニアの勉強会、交流会等のイベントを企画しています! 朝霞台駅か北朝霞駅が全然行けちゃうぜってエンジニアの方がいたら是非! もくもく会とかゲーム大会とかもやれたらな~って思ってます。
https://boom-teck-cafe.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした