PHP
PhpStorm
ラクスDay 20

PhpStormのライセンスポリシーがすげぇ!という話

ラクス Advent Calendar 2017 の20日目の記事です。

みなさんごきげんよう。ミラクルふじさわでございます。
業務上、大半の時間をPhpStormとにらめっこしている私ですが、ひょんなことからPhpStormのライセンスについて調べる機会があり、衝撃を受けた&社内でもあまり認知されていなかったのでここでシェアさせて頂きます。

なお、この記事で記載している内容は、あくまで私の解釈に基づくものですので、実際にご利用される場合は、各自でご判断頂きますよう、よろしくお願い致します。
また、このライセンスポリシーについては、2017/12/20時点のものについて記述しておりますことをお留め置きください。

PhpStormのライセンスポリシーに関してはこちら

衝撃1

会社で買ったライセンスを自宅でも使えますか?

We, in our EULAs, do not prohibit using commercial licenses of your company at home.
Please confirm with your employer, as it may vary depending on your company's policies.

ざっくりいうと、「君の会社がOKって言ってるなら、使っても良いよ。」ということです。
今日び、「1台のPCにつき~」とか「1CPUにつき~」といったライセンス管理が多いと思われる中、めちゃくちゃ寛大ですね。

PhpStormは有償ツールということもあり、会社では使っているけど自宅では…というぺちぱー諸氏も少なくないのではないでしょうか。
会社のポリシー的にNGになる場合も多いとは思いますが、会社で使っているツールを自宅でも使えると、色々調べものとか実験とかできて便利ですよね!

また、複数台PCへのインストールに関しては、以下のFAQでも言及されています。

個人ライセンスを複数の端末で使っても良いですか?

Yes. Under our current subscription model, you may run multiple personal licensed copies of the IDE at the same time across multiple operating systems (like on laptop and desktop for remote debugging client/server apps).

個人ライセンスについては、同時に複数台へのインストールしても良いよ、と言っていますね。
自宅で使うメインマシンにも、持ち歩き用のノートPCにも両方インストールしてPHPライフを満喫することができます。
なお、商用ライセンスについては、微妙にニュアンスが違うようなので、次の項に記載します。

衝撃2

同じ商用ライセンスを複数人で使ってもいいですか?

Two or more users cannot use one license at the same time.

However, it is possible for two users to share a license if they do not work simultaneously. In case two or more users work simultaneously each active user must have their own license.

ざっくりいうと、「同時に使わなければ、良いよ」ということです。

「同時に」というのがどこまでの範囲なのかわかりませんが、文字通り同時に複数のユーザーで起動されていなければOKとすると、かなりゆるゆるですね。
少なくとも、同一企業内の、同一ユーザーが、出張などで異なる拠点で作業する時に、一時的に同じライセンスを使って別の端末にインストールして利用するのは問題ないと思われます。

衝撃3

個人ライセンスを商用利用してもいいですか?

Yes, you can use your license for any kind of development. However, only you may use your personal license; you may not share it with others.

もう訳す必要もないですが、「良いよ」と言っていますね。
商用利用の場合は別ライセンス、っていうモデルも少なくない中、実に自由ですね。
ちなみに、同じ1ユーザーあたりの費用ですが、個人ライセンスの方が安いです。

また、
個人ライセンスを会社で使っても良いですか?
というFAQも記載されています。

Yes, you can use your personal license at work as well as at home. You can use it working on your personal projects as well as projects of your company. Our EULAs do not restrict this.

個人ライセンスを会社のプロダクトのために使っても良いと言っていますね。
では、商用ライセンスって何のためにあるんだという疑問が湧くのですが、

商用ライセンスと個人ライセンスの違いってなんですか?

(原文は長いので省略)

を読む限りは、ライセンスを購入する(あるいは費用を支払う)主体が企業か、個人か、の違いだけのようです。
使える機能的にも、差異はありません。
なんというか、ゆるゆるですね。もちろん弊社は商用ライセンスで使っていますよ!

起業してから3年以内のスタートアップであれば、半額で利用できたり、教育目的、あるいはOSS活動のためであれば無料で利用できるなどのディスカウントもあるようです。
OSS活動のためなら無料、というのはなかなか粋な計らいですね。

この辺からも、ライセンスポリシー全体に漂う、「PHP界隈の開発者の負担を軽減しよう、応援しよう」という意図が感じられます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
個人的には、PhpStormが無いとPHPで開発ができない体になっているので、割とこのゆるゆるポリシーはありがたい感じです。
われわれにとって、IDEは大工さんのノミやカンナみたいなもので、体に馴染んだものを深く使い込みたいものです。

ちなみに、私がぺちぱーであるため、PhpStormのライセンスについて書いてきましたが、IntelliJ IDEAに関しても、ライセンスポリシーは同じようです。
みなさん、ぜひ自宅でも、会社と同じツールを使って、自己研鑽にはげみましょう!