Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

Eagleで新しい部品をライブラリに登録する方法

新しくライブラリを作る場合は「File」->「New」->「Library」を選びます

新規ライブラリ作成.png

既に出来ているライブラリを編集する場合は、Librariesの中にある編集したいファイルを開きます

既存のライブラリを修正.png

ライブラリを作成すると下のような画面が出てきます。
ライブラリの作成では、Packageファイル、Symbolファイルの二つファイルを作成して、Deviceファイルで統合します。

ライブラリ編集画面.png

まず、Packageファイルを作成します。
ここには部品の仕様書を見ながら、正しい寸法を実寸で入力して部品のかたちを描いていきます。

パッケージ.png

部品のPackageファイルが完成したら、次は部品のSymbolファイルを作ります。こちらは部品のシンボルになるので、実寸ではなくて、サイズは見やすい適当なサイズでつくります。

シンボル.png

Symbolファイルの作成が終了したら、先ほど作ったPackageファイルと統合するために、Deviceファイルを開きます。
左側の画面には先ほど描いたSymbolを読み込み、右側の画面には先ほど作成したPackageファイルを読み込みます。

デバイス.png

SymbolファイルとPackageファイルを読み込んだら、それらを統合してDeviceファイルとして登録しましょう。

コネクト.png

以上がライブラリに新しい部品を登録する方法です。
同じ要領で新しい部品をライブラリに登録しましょう。
よく使う部品は事前に登録しておくと、あとで何か作品を
つくるときに便利です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
3
Help us understand the problem. What are the problem?