Edited at

Google I/O 2016 - What’s new in Google Play for developersセッション日本語メモ

More than 3 years have passed since last update.

Google I/O 2016のセッション "What’s new in Google Play for developers"を視聴してのメモです.

正確な翻訳をすることは重視していませんので悪しからず.

【2016/5/25追記】

Google Developer Relations Blogに "I/O 2016 で発表した Google Play の新機能: ベータ版プログラムの改善点、リリース前レポート、ベンチマーク、新しい Play Console アプリなど" という記事が載ったようなので,そちらを見て頂いた方がいいかもしれません.


Introduction

Ellie Powers, Product Manager at Google Play Team

Google Playについてはすごくたくさんのトピックがあるので,全部まとめるセッションを作らなければなりませんでした.

私は,どうやってそのアイデアを思いついたの!?というようなアプリやゲームの話を聞くのがとても好きです.

新しいアプリがどのように動くのか試すことも,ローンチされたアプリがビジネスを加速したり,人々の生活を変えていくのを見るのも大好きです.

さて,Google Playの個別の話に入る前に,ビデオを見ましょう.

(ビデオの内容はGoogle PlayでAndroidアプリをリリースした人たちのサクセスストーリーについて.登場人物は以下の通り.)


  • Gene Gurkoff, Founder & CEO of Charity Miles

  • Ian Hawkins, Founder & CEO of Torque

  • Victoria Trofimova, Co-founder & CEO of Nordcurrent

私たちは,Google Playを私たちのプロダクトをローンチして,フィードバックを得て,最高のものにするために使ってきました.Gmail, Chromeなどです.

もちろん,皆さんにも同じようにGoogle Playを使ってもらえます.

皆さんはGoogle Playを通して,ワールドワイドの非常に大きなユーザベースにアクセスできます.

そして今ここは,ユーザからのフィードバックを得て,皆さんのアプリを最適化し,素敵なひねりをアプリに追加するのにも最適な場所でもあります.


Pre launch Report

Miles Barr, Engineering Director

Pre launch Reportは,Firebase Test Labをベースに構築されている.

実機を並べたデータセンタで,開発者がテストすることができる場所.

すでに100万回以上のテストが実行された.

独自のテストをAndroid StudioとFirebaseコンソールで作成できる.

Google Playで,ベータテストチャンネル,アルファテストチャンネルを利用するときにオプトインすると,アップロードしたすべてのAPKをテストすることができる.1時間くらい待つと,サマリが受け取れる.


Pre launch Reportでテストされるもの


安定性

実デバイスでアプリを実行する.

どのデバイスで起動時にアプリがクラッシュしたか,またはその後にクラッシュするかをレポート.


様々なデバイスでのテスト

様々な解像度,Androidバージョン,言語でテストし,どのように見えるかレポートする.

テキストを翻訳した時に文字がはみ出すなどの問題に対応できる.


セキュリティ

既知の脆弱性やセキュリティのアンチパターンに基いて,使用しているサードパーティのライブラリも含めてレポート.

これらの問題について,リリースする前に対応することができる

Google Playの機能を使いこなせば,ユーザにベストの経験を提供できる


Beta Testing

Kobi Glick, Product Manager

トップ1000アプリのうち,60%がベータテストを今まさに行っている.

ベータテストをしたアプリの方が評価(レーティングの平均)が高い.


オープンベータ

去年はユーザがオープンベータに参加するのを簡単にする改善を行った.

オープンに行われているベータテストを見つけやすくなった.

Playストアのリスティングページに,ベータテストについての情報を載せるようにした.

これにより,より多くの人がベータテストに参加してくれるようになった.

ベータテストを行ってもらえたフィードバックは,Google Play Developer Consoleで確認できる.

フィードバックはプライベートになっている.他のユーザに見えてしまって,リリース版を使っているユーザに影響することはない.


Early Access

Early AccessセクションをPlayストアに設けた.

アーリーアダプタやインフルエンサーに試してもらって,フィードバックをもらうのに役立つ.


ベータテストを行った28個のアプリ?の紹介

Read Feed, Eva, LEGOなど


Discover on Google Play

Wei Chai, Engineering Manager

Playはアプリやゲームを見つける最初の場所.


Contextual app discovery

ユーザがアプリを見つけるのを手助けするためのもの.

ユーザ調査の結果,ユーザはアプリが必要と感じた時にアプリを探しだすことが分かった.

私たちは,文脈の近いアプリのコレクションを作ることにした.

たとえば,壁紙について検索したら,キーボード,UIテーマ,着信音携帯など,携帯のパーソナライズのためのアプリも表示する.

ユーザの検索,閲覧,興味などに基いてコレクションを生成し,関連のあるアプリを,検索結果ページやインストールページに表示する.

家探しのためのアプリを探しているときは,同じ目的を果たすための他の優れたアプリや,インテリアのためのアプリを表示する.


Reviews

Fergus Hurley, Product Manager of Google Play

レビューを見てアプリを改善していくのは開発者にとってとても大事なこと.ここ数ヶ月でレビューに関するいくつかの機能追加を行ってきた.

レーティング結果を国別や言語別,ユーザのデバイスのRAMサイズ別に細かく分けて見られるようになった.

レビューに返答した後にユーザがレビュー内容を編集したら,メール通知を受け取れるようにもした.


Highlights

ユーザが一覧ページで見るスニペット.開発者はDeveloper Consoleで確認でき,アプリのどの特徴に投資すればいいか判断できる.


Reviews Analysis

Reviews Analysisは,TopicsとBenchmarksの2つのパートからなる.


Topics

Topicsはアプリに関連する個別の単語.

それぞれのトピックが,Playストアでのレーティングにどう影響したかも併せて分かるようにした.


Benchmarks

レビューでよく議論されているトピック.デザインや安定性など.

アプリが属するカテゴリの他のアプリと比較できる.

今はReviews Analysisは英語のレビューのみが対象で,ある程度のレビュー件数があることが必要.


頻出トピック

どのようなトピックが☆1つのアプリと☆5つのアプリのレビューでよく議論されているか見てみましょう.

☆1つのアプリのレビューの50%が安定性やバグについてのもの.

☆5つのアプリのレビューの65%がデザインやパフォーマンス,ユーザビリティに関するもの.

これらに投資することはとても大事.


Review API

今回のI/Oで,Review APIをZendeskとconversocialの力を借りてローンチした.みなさん独自のワークフローでレビューに対応してもらえるようになった.


User acquisition performance

Riccard Govoni, Engineering Manager

皆さんはすでに昨年ローンチしたDeveloper Consoleのユーザ獲得分析には慣れているかもしれない.

これにより,どれくらいのユーザがアプリをインストールしたのか,有償コンテンツを購入してくれたのか,彼らがPlayからの流入なのか,WebサイトやAdWordsなど他のソースからの流入なのかを分析できる.

ユーザ獲得の様子を国別に確認できる機能を導入した.新興国参入しようとする場合には特に役に立つ.

しかし,これらのユーザ獲得チャネル分析と国別分析は,独立して見られるだけではあまり便利ではない.

今年,私たちはベンチマークとの比較機能をリリースする.

ベンチマーク値はカテゴリ内の類似のアプリのコンバージョン値から生成される.

この機能では,まず全世界全体でのユーザ獲得パフォーマンスを表示する.

次いで画面を展開するとその内容の国別の詳細を確認することができる.

また,あなたのアプリにはまだまだ努力の余地があるのか,それとも既にかなり良くやっていて,トップに近い位置にいるのかも示してくれる.

国別の分析とベンチマークとの比較が皆さんのGoogle Playでのビジネスの最適化に役立つと信じている.

ベンチマーク機能は数週間以内にリリースされる.


Google Play for billions

Mona Vajolahi

Androidのマーケットは,特に新興国で非常に速く成長している.

2018年には,12 億人 のユーザが新たにAndroidのマーケットに増えると考えている.

Google Playは,それらのユーザに対して,ベストの経験を提供できるようとても努力している.

2020年時点で,インドでは300百万のユーザが2G相当の環境にいると予想されている.

Google Playで重視していることは次の3つ.

高速であること,軽いこと,信頼性.

アプリを閲覧するページを軽くしたり,アプリをより軽量にダウンロードできるようにするなど,Playストア自体も努力できることはしてきた.

その結果,人々のPlayへのアクセスやダウンロードが増えた.


Building for billions

Kana Soni, Apps and Game Development South East Asia

新興国市場は成長著しいが,これらのマーケットに参入するには,3つの重要な挑戦がある

1. 2020年時点で10億人が2G相当の環境にあると予測されている.どのような接続方法でもうまくアプリが動くようにする

2. ネットワークスピードは様々.それぞれの接続速度で快適になるようにアプリをデザインする

3. 場所によってはデータは高価. ユーザ自身がコントロールできるようにする

開発者のみなさんがこれらに挑戦するのを手助けするため,“Building for Billions Framework”という仕組みを用意した.


Building for Billions Framework

Building for Billions Frameworkには次の3つの観点がある.


  • Connectivity

  • Device Capability

  • Data Cost


Connectivity

信頼できないこともあるネットワークだとアプリが使い物にならない,ということにならないように,コンテンツを適切にキャッシュしよう

Devices

画素密度(density)がlow, middleの端末でも上手く表示されるようレイアウトしよう
メモリフットプリントを調整しよう

Data Cost


APKサイズを10MB以下にしよう

WebPやSVGを使おう

ProGuardを使ってコードサイズを減らそう

デバイスの画素密度別にアプリを分けるのも一つの手


Play Console App

Milena Nikolic, Engineering Manager on Google Play

長い時間がかかったけど,Developer ConsoleのAndroidアプリをリリースした.

イテレーションを高速に回している時には,常にアプリのパフォーマンスをチェックできる強力なツールが必要.

会議に急いているときにもアプリのパフォーマンスをチェックできる.

国別,デバイス,アプリのバージョン等で分類して見ることもできる.

クラッシュレポート,スタックトレースもチェックできる.

レビューを見たり,レビューに返答したりできる.

アプリはGoogle Playでダウンロードできます.

10000人以上の開発者がダウンロードし,4.85スターがついている

もしまだインストールしていないなら,ぜひインストールしてほしい.

フィードバックをもらえれば,次のいくつかのアップデートで新たしい機能を追加できると思う.


Android Instant App

まずはキーノートのおさらいから.

アプリをインストールしなくても,リンクをタップするとアプリにアクセスできる.

開発者は,このために新しいアプリを作る必要はない,今のアプリをアップデートすればよい.

サポートはJellyBean以降.

これはすごく大きな変化になるから,来年1年をかけて,少しずつリリースしていく.


開発者が対応のためにすること


  1. ディープリンクをサポートして,URLをシステムに教える

  2. もしアプリが大きければ,アプリを分割して,Playが必要なパーツだけダウンロードできるようにする

  3. 普通のアプリができることが一部制限されているので対応する(ホーム画面にウィジェットを作るとか).

  4. 新しい機能と統合する(Runtime Permissionとか)

アプリをインストールしているユーザにも,そうでないユーザにも変わらずに素晴らしい体験を提供することができる


デモ

マチュピチュのパノラマ写真のURLが送られてくる.アプリをインストールしていないけど,それは問題じゃない.しなければならないのは,リンクをタップすることだけ.すると,ディープリンクが開いて,360度のパノラマをみることができる.すごいでしょ?

軽量のアプリで,ユーザが今いる状況を邪魔したくないような場合もある.

コンサートについてのチャットの会話でリンクを送信する.

リンクをタップすると,アプリがフルスクリーンで開くのではなく,ダイアログとして開く.ダイアログ上でチケットの購入を済ませることができる.

会話を中断させることなく,シンプルなタスクを済ませることができる.


まとめ

詳しくはg.co/InstantAppsを見てください

アプリをアップグレードしてInstantAppsを試したい人は,フォームからサインアップしてください.


Google Play

Purnima Kochikar

皆様がGoogle Playでアプリを提供してビジネスを成功させるのをお手伝いしています.

Google Playは世界で最大のアプリ配信基盤を開発者に提供している.

2015年には,10億のアクティブユーザ,190カ国で650億回アプリがインストールされた.

100万以上のインストールがあるゲームは,50%以上の成長をしました.

ユーザごとの平均消費額は,前年比で30%以上成長した.

すごい数字でしょう?でもこれらは,あなた方開発者コミュニティを抜きには成立しない.たくさんの人が,皆さんが作るものを待っているんです.

私達のチームはいつも,開発者のみなさんが生活を変えるアプリや楽しいゲームを作ることに情熱を傾け,それをビジネス上の成功につなげていることに驚きを感じ,インスパイアされています.

今日は,皆さんが新しいマーケットにアクセスし,ビジネスを構築するためのいろいろなツールをご紹介しました.

今日は,皆さんがお互いに新しいつながりを作る機会にして欲しいと思っています.世界中から人が集まっている,この場でしかできないことですので.

いくつかの素晴らしいアプリを,Google Play Awardで発表できるのをとても楽しみにしています.

どうぞ忘れないで観に来てください.

(セッションメモは以上です.内容に誤りがあったら,ぜひご指摘ください.)