Edited at

Kobito for Windows をOSXやLinux用にリビルドするためのDockerfileを書いた

More than 3 years have passed since last update.


Kobito for Windows の他環境用ビルド便利

便利。ただ、環境が変わる度・アプリのバージョンアップの度に環境構築したりパッケージし直すのだけれど、毎回同じことを繰り返すのが辛いのでminodisk/kobito-repackagerに各環境用にアイコン付きでパッケージするためのDockerfileを書いた。


コンテナ内で行っていること


  1. パッケージのための環境を構築する。


    • node

    • apt-get

    • npm install




  2. Kobito for Windowsから最新のパッケージをダウンロードする。


    • 配布ページをスクレイピングしてダウンロードURLを取得する。

    • ダウンロードする。




  3. kobito.exeからアイコンを抽出する。


    • OSX用に.icnsを生成する。

    • Linux用に.pngを生成する。




  4. maxogden/electron-packagerで他のプラットフォーム用にパッケージし直す。


セットアップ

リポジトリをクローンしてビルド。


terminal

git clone git@github.com:minodisk/kobito-repackager.git

cd kobito-repackager
docker-compose build


パッケージング

パッケージする時に色々引数を渡すのがめんどくさいので、プラットフォームやアーキテクチャ毎にdocker-compose.ymlにサービスを定義した。


OSX


terminal

docker-compose run osx


dist/kobito-darwin-x64/kobito.appがアプリケーションの本体。

アプリケーションディレクトリにコピーするなどするとよいかも。


Linux

64ビットなアーキテクチャなら


terminal

docker-compose run linux_x64


32ビットなら


terminal

docker-compose run linux_ia32


dist/kobito-linux-XXXXX/kobitoがアプリケーションの本体。

パスが通ってるところにシンボリックリンクを作成するとよいかも。


Ubuntuでアイコンを表示する

UbuntuのUnityのランチャーにアイコンファイルを認識させるためのファイルを作成するスクリプトをつけている。実行してログアウト後に再度ログインすると、検索可能になっていて実行時にはアイコンが表示される。これもKobitoをUbuntuで使いたいのまま。


terminal

./ubuntu/launch



とはいえ

公式のビルド欲しいですね。