LaTeX
TeX
IntelliJ
platex2e
bibtex

IntelliJ IDEAでLaTeXを使う

内容

本記事ではpLaTeX2e+pBibTeXを環境をIDEAで使用するための導入手順を述べる

利点

IntelliJ IDEAの優れた保管機能や見やすいUI、豊富な拡張機能を利用できる
また本導入によりbibとpdfの出力を1度に行えるようになる

前提

エディタはIntellliJ IDEA を用いる
IDEAを導入していない場合は、公式サイト( https://www.jetbrains.com/idea/ )からCommunityEdition(無償版)またはUltimateEdition(有償版)をインストールする
(学生の場合はUltimateEditonは無償, 参照 : https://www.jetbrains.com/student/)

コンパイラ、インタラプタはpLaTeX2e( platex.exe )とpBibTeX( pbibtex.exe )及びにGhostScriptを用いる
これらを導入していない場合は、TeXインストーラ3を用いたインストールを薦める
( ダウンロードサイト : http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html )
TeXWorksとdivoutのインストールは不要なので、ファイル取得後の画面でW32Texのファイル全てと、GhostScriptとGSViewの最新版のみにチェックを付けた状態でインストールすればよい

なお、この他のコンパイラ(upLaTeX2eやupbibtexなど)を用いる場合でもW32Texに付属していると思うので、下記bat内でplatex -> uplatexといったように適宜対応させる

今回pdfビュアーはPDFXCviewを用いる
sumatraPDFなど他のビュアーを使う場合は下記bat内のディレクトリを変更する

手順

この手順の肝は、保管機能やファイル管理をTexiFyプラグインに任せ、コンパイル設定をbatで指定し、External toolsから呼び出すことにある
(TeXiFy-IDEAのgithub : https://github.com/Ruben-Sten/TeXiFy-IDEA )
( なおこのTeXiFyプラグインはpdfLaTeXおよびBibTeXをサポートしているが、日本語で論文書きたいならpLaTeX環境を推奨するため本導入が必要となる )

1.TeXiFyプラグインをIDEAに導入

IDEAを起動し、Settings -> Plugins -> Browse responsibilities -> texify で検索し、 TeXiFy を選択してInstall
導入後IDEAを再起動

2.batファイルの作成

メモ帳を開き

output.bat
@echo off
set resPath=%~f1%\src
set mainResPath=%resPath%\main
set outputPath=%~f1%\out
set mainOutPath=%outputPath%\main

rem pdfViewerを閉じる
taskkill /im PDFXCview.exe
rem bibを出力用のパスにコピー, auxが参照できるようにする
call copy %mainResPath%.bib %mainOutPath%.bib 
rem aux作成
call platex -output-directory=%outputPath% -synctex=1 -jobname=main -kanji=utf8 -guess-input-enc %mainResPath%
rem auxを参照してpbibtexがbbl(blg)を作成
call pbibtex main -kanji=utf8
rem auxとbblを紐付け
call platex -output-directory=%outputPath% -synctex=1 -jobname=main -kanji=utf8 -guess-input-enc %mainResPath%
rem 上記の紐付けを参照にしてpdf作成
call platex -output-directory=%outputPath% -synctex=1 -jobname=main -kanji=utf8 -guess-input-enc %mainResPath% && dvipdfmx %mainOutPath%
rem コピーしたbibは邪魔なので消す
call del main.bib
rem pdfViewerを開く
start "C:\Program Files\Tracker Software\PDF Viewer\PDFXCview.exe" %mainOutPath%.pdf
exit 0

上記のようなbatファイルを作成する
ほぼコピペでいいはずだが、必要に応じてパスを変更する
なおリソースパス・出力パスの指定は、TeXiFyプラグインのLaTeXプロジェクトの新規作成で自動的に生成されるフォルダディレクトリに従う

3.IDEAに上記batファイルを適用する

Settings -> External tools -> add を選択

Nameに pLaTeX2e+pBibTeX を入力
Programに手順2で作成したbatファイルを選択
Argumentsに \$FileParentDir\$ を入力
Working directoryに \$FileParentDir\$\out を入力

4.出力

編集中のtexファイルまたはbibファイルから Tools -> External tools -> pLaTeX2e+pBibTeX を選択すると自分で選んだpdfビュアーに表示される