phina.jsでTiledMapEditorを利用する

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント

この記事はphina.js Advent Calendar 2016の記事です。
昨日→Collisionクラスを使った当たり判定 by alkn203さん
明日→phina.jsとWebGLでいろいろ by daishi_hmrさん

皆様、12月に入り一層冬めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
そんな、寒くなってきた折も折、phina.jsでTiledMapEditorのデータを使えるようにしてみた私でございます。
(phina.jsには無かったようなので、tmlib.jsから移植しました。)

Tiled Map Editorとは

Tiled Map Editorは、マップチップをタイル状に貼って、マップを作成する高機能なマルチプラットフォームのツールです。
この系統のツールは正しくはレベルエディタというらしいです。
スクリーンショット 2016-12-17 15.01.34.png
こんな感じでマップの作成が出来ます。
ツールの使い方はこちらに詳しい解説がありました。
http://haxeflixel.2dgames.jp/index.php?TiledMapEditor

使い方

プラグインの使い方は簡単です。
プラグインを読み込み、TiledMapEditorで作成した、.tmxを他のアセットと同じようにロードします。

単体で読み込む場合
var tmx = phina.asset.TiledMap();
tmx.load('.tmx path');
LoadingSceneを使う場合
var options = {
    assets: {
        tmx: {
            "map": ".tmx path",
        },
    },
};
var scene = LoadingScene(options);

読み込みが終了した後は、画像を取得してスプライトで表示する事が出来ます。

画像として取得
//全レイヤーを重ね合わせた画像を取得
var image = tmx.getImage();

//特定のレイヤーのみの画像を取得する
var image = tmx.getImage("LayerName");

//取得した画像をスプライトで表示
var sprite = Sprite(image);

マップの生データを使用したい場合は、一次元配列で取得する事が出来ます。

マップデータの配列を取得
//一次元配列
var mapdata = tmx.getMapData("LayerName");
オブジェクトグループを配列にして取得
var group = tmx.getObjectGroup("ObjectGroupName");

使ってみましょう

実際にこのプラグインを使ってRPGっぽいサンプルを作成しました。
TiledMapEditorサンプル
カーソルキーで移動、ZキーでNPCに話しかけられます。
ちょっと雑な上に凝り過ぎて無駄に長いですが、今回のお題で重要なのは以下の部分です。

マップ読み込み
    //.tmxファイルからマップをイメージとして取得し、スプライトで表示
    this.tmx = phina.asset.AssetManager.get("tmx", "map");
    this.map = phina.display.Sprite(this.tmx.image)
      .setOrigin(0, 0)
      .setPosition(0, 0)
      .addChildTo(this.mapBase);

マップの表示はこの様に行ってます。

マップ上の衝突判定
    //マップデータから'Collision'レイヤーを取得
    var collision = this.tmx.getMapData("collision");

    //指定座標にマップチップがあると真を返す
    var chip = collision[mapy * this.tmx.width + mapx];
    if (chip !== -1) return true;

マップ上の進入不可なブロックはcollisionという名前をレイヤーを作成して非表示にして判定を行っています。

マップ上にNPCを追加
    //オブジェクトグループの取得
    this.npc = this.tmx.getObjectGroup("NPCGroup");
    this.addNPC();

NPC情報をオブジェクトグループで登録し、それをマップ上に反映させています。

おしまい

マップ作成はゲームを作る上で重要ですが、結構時間が掛るため、こういったツールを効率良く活用していきたいですね。
サンプルのソースはこちらからGitHub
phina.tiledmap.jsを読み込むと使える様になります。
突貫で作ったので色々雑ですが、おおまかな使い方は踏まえております。

サンプルにぴぽやさんのマップチップを使用しています。
ありがとうございます。

この投稿は phina.js Advent Calendar 201617日目の記事です。