Help us understand the problem. What is going on with this article?

aws-vault loginでChromeのウィンドウをAWSアカウント毎に分離する

aws-vault を使うと aws-vault login <profile> でAWSマネージメントコンソールのログイン用の一時URLを発行して、コマンドからシュッとマネージメントコンソールをブラウザで開いてログインでき、大変べんりです。

しかしながら、複数のAWSアカウントを切り替えて使う場合、1つのChromeのウィンドウを共有していると、アカウントを切り替える度に以下の画面が出てログアウトが必要になって、ちょっと不便。

logout.png

Chromeのシークレットブラウザで開けばよいかと思ったんですが、シークレットブラウザで開いても同じChromeのウィンドウが再利用されてしまい。同時に2つのAWSアカウントにログインすることができません。

なんかよい方法はないものかと調べたところ、macOSの場合は、Chromeのプロファイルを分ければシークレットウィンドウを分離できることが分かりました。

How to open new windows as separate application instances for Chrome, Terminal?

ここでいうプロファイルというのは、いわゆるGoogle認証のユーザのことではなく、アプリケーションのユーザデータのことです。
例えば プロファイル名 dev でマネージメントコンソールにログインするなら、以下のコマンドでChromeを起動します。

$ open -na "Google Chrome" --args --incognito --user-data-dir=$HOME/Library/Application\ Support/Google/Chrome/aws-vault/dev $(aws-vault login dev --stdout)

新しいChromeのプロファイルを作ると、初回のみ以下のダイアログが出てきますが、「Google Chromeを起動」を選択すると、2回め以降は聞かれません。(AWSアカウントごとに初回のみ聞かれます)

install.png

これでAWSアカウントごとにシークレットウィンドウを分離して、マネージメントコンソールにログインできるようになりました。
複数のAWSアカウントを管理している場合は、以下のようなAWSアカウントのプロファイル名を引数に取るzshのaliasを定義しておくと、

alias avl='(){ open -na "Google Chrome" --args --incognito --user-data-dir=$HOME/Library/Application\ Support/Google/Chrome/aws-vault/$@ $(aws-vault login $@ --stdout) }'

以下のようなコマンドで、マネージメントコンソールをシュッっと開いてログインできるようになります。

$ avl dev

どうぞご利用下さい。

crowdworks
21世紀の新しいワークスタイルを提供する日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」のエンジニアチームです!
https://crowdworks.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした