Posted at

AdHoc配信しようと思ったら、missing ios distribution signing identity for~ というエラーが出た。

More than 3 years have passed since last update.


背景

iOSアプリのプロジェクトをAdHoc配信するためにipaファイルとしてexportしようとした時のお話。

無事にArchiveが済んでいざexport!!と思った時に以下のようなエラーが書かれたアラートが出ました。

missing ios distribution signing identity for~

昨日まで大丈夫だったのにおかしいな〜と思ってググったところ、Appleさんがこんなこと言ってるよ〜って書いてある記事

を見つけました。

Thanks for bringing this to the attention of the community and apologies for the issues you’ve been having. This issue stems from having a copy of the expired WWDR Intermediate certificate in both your System and Login keychains. To resolve the issue, you should first download and install the new WWDR intermediate certificate (by double-clicking on the file). Next, in the Keychain Access application, select the System keychain. Make sure to select “Show Expired Certificates” in the View menu and then delete the expired version of the Apple Worldwide Developer Relations Certificate Authority Intermediate certificate (expired on February 14, 2016). Your certificates should now appear as valid in Keychain Access and be available to Xcode for submissions to the App Store.

バレンタインに期限が切れちゃったんですね、なるほど。そりゃ昨日まで大丈夫で今日出来なくなるはずだ。(この記事を書いてるのが2/15)


解決策



  1. AppleWWDRCA.cerをダウンロードして、それをダブルクリックしてKeychain Accessに登録。

  2. Keychain Accessに期限切れのAppleWWDRCA.cerがあるはずなのでそれを削除。

  3. 私はこれで無事にexport出来るようになりました。めでたしめでたし。