Help us understand the problem. What is going on with this article?

多分これが一番早い SVG Background Image の利用手順だと思います

要するに background-image: url(...); で SVG を使うまとめです。プレゼントもあるよ。

対象

  • とにかく手っ取り早く SVG を使いたい人
  • フリーの SVG 素材で間に合わせたい人
  • HTML に SVG タグを埋め込みたくない人
  • SVG スプライトも Web フォントも使いたくない人
  • IE 11 でも表示したい人

という出不精な人向けの記事です。

想定

下記の要素に「顔の形をした」 SVG を表示したいとします。

<i class="c-icon--face"></i>

手順

  1. とにかく Material Design Icons を開きます 1.png
  2. Search... ボックスに face と入力します 2.png
  3. 一覧からお好みの SVG をクリックします
  4. </> ボタンを押し、プルダウンメニューから View SVG を選択します 3.png
  5. テキストエリアの中身をすべてコピー…するのではなく、 d 属性の中身のみコピーします。 <path fill="#000000" d="..." />... です 4.png
  6. 下記のようなスタイルシートを記述し、 ... の部分にコピーした内容をペーストして完了です
<style>
.c-icon--face {
  background: url('data:image/svg+xml;charset=UTF-8,<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1" viewBox="0 0 24 24"><path fill="%23000000" d="..." /></svg>') no-repeat center center;
  display: block;
  width: 128px;
  height: 128px;
}
</style>

必要であれば background-size をいじってサイズを変更できます。

補足

でもこれ CSS で色変えられなくない?

はい、背景画像なので CSS の fill プロパティや stroke プロパティは適用されません。
適宜 fill="%23000000"000000 の部分を変えてください( 16 進数表記の場合)。

追記: 嘘です。本当は mask プロパティを使えば変えられます(この記事を書いた時は対応ブラウザにやや難があったんですが、今はもう大丈夫でしょう)。単純に backgroundmask にして、 background-color に色を指定すれば OK です。

.c-icon--face {
  background-color: #ff0000;
  mask: url('...') no-repeat center center;
  display: block;
  width: 128px;
  height: 128px;
}

なんで '#' を '%23' にしてるの?

Chrome の Deprecation Warning 避けです。

[Deprecation] Using unescaped '#' characters in a data URI body is deprecated and will be removed in M71, around December 2018. Please use '%23' instead.

Stylus のカラー変数を反映させたいんだけど

$encodeColor(color)
  replace("#", "%23", s("%s", color))

というような mixin を作り、以下のように使うと良いと思います。

<path fill='" + $encodeColor(black) + "' d="..." />

なんで d 属性値だけコピペするの?

SVG を background-image として使うには、 svg タグに xmlns 属性を記述する必要があります。が、 Material Design Icons の SVG には記述されていないためです。
また、 Material Design Icons の SVG は d 属性値以外はすべて同一であることから(たぶん)、複数の SVG を扱う際には上記の手順を踏むことになると思います(そういう意味では mixin を用意しても良いかもしれません)。

content プロパティには使えるの?

content: url('...'); でも良いのですが、一部の環境で表示がおかしくなった…ような記憶があります(曖昧)。

動作確認環境

  • MacOS 10.14.2 + Chrome 71
  • MacOS 10.14.2 + Firefox 64
  • MacOS 10.14.2 + Safari 12
  • MacOS 10.14.2 + Simulator + iPhone 5s + iOS 12.1 + Safari
  • MacOS 10.14.2 + Genymotion + Google Nexus 4 + Android 4.4 + 標準ブラウザ
  • Windows 10 + Chrome 71
  • Windows 10 + Firefox 64
  • Windows 10 + Edge 42

IE 11 で使うには

上記のリストに、

  • Windows 10 + IE 11

を加えるためには一手間必要です。

手順

  1. 前述した CSS の data:image/svg+xml;charset=UTF-8,data:image/svg+xml, にします
  2. svg 要素全体を JavaScript の encodeURI 関数などで URL エンコードします
  3. #%23 に変換して完了です

説明

まず、 IE 11 で SVG Background Image を使うには、 svg 要素全体を Base64 エンコードか URL エンコードしてやる必要があるようです。ここでは少しでも可読性の高い URL エンコードを採りました。
次に、エンコードに使用する関数としては encodeURIComponent …であれば一発なのですが、ここでも可読性を高めるために encodeURI を使っています。
ただし encodeURI では # が変換されないので、 %23 に変換する必要があります。

面倒くさいんですけど!

という人向けに Material Design Icons でのみ使えるお便利ブックマークレットを用意しました 🎁
SVG のコードが表示されている状態(共通手順の 5. の画像の状態)で呼び出してください。 IE 11 に対応した Data URI scheme を表示してくれるので、後は background-image: url(...);... にコピペするだけです。

javascript: (() => { const svg = encodeURI(document.querySelector('[ng-model="code.svgTag"]').value.replace(/<svg[^>]*?>/, '<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1" viewBox="0 0 24 24">')).replace(/#/g, '%23'); prompt('', `data:image/svg+xml,${svg}`); })(); void 0;

最後に

大人しく SVG スプライトを使った方が良いと思います。はい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away