Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Docker】複数コンテナの連携とDocker Compose

はじめに

 Webアプリケーションのシステムを構築する場合、Webアプリケーション本体とそれに必要なデータベースなどを連携させることが一般的である。規模が小さければ、Dockerコンテナの連携・管理を手動でしてもよいが、連携するアプリケーションが増えてくると、非常に手間がかかってしまう。
 そのため、1つのYMLファイルに複数のコンテナを定義し、Dockerコンテナを一括で構築・連携・管理する。これを可能にするツールが、Docker Composeである。以下では、DockerでDPostgreSQLと連携させたDjangoの環境をつくる流れを確認する。

Docker Composeの流れ

1 Docker Composeをインストールする。

2 Dockerfileを記述する。

Dockerコンテナの構成内容をまとめて記述するシンプルなテキスト形式のファイル。

FROM python:2.7
ENV PYTHONUNBUFFERED 1
RUN mkdir /code
WORKDIR /code
ADD requirements.txt /code/
RUN pip install -r requirements.txt
ADD . /code/

3 requirements.txtを記述する。

アプリケーションに必要なPythonの環境を記述するテキストファイル。

Django
psycopg2

4 docker-compose.ymlを記述する。

連携させるアプリケーションのためのファイル。構造化されたデータの表現方法。

version: '2'
services:
  db:
    image: postgres
  web:
    build: .
    command: python manage.py runserver 0.0.0.0:8000
    volumes:
      - .:/code
    ports:
      - "8000:8000"
    depends_on:
      - db

5 docker-composeコマンドを用いてDjangoプロジェクトを作成する。

$ docker-compose run web django-admin.py startproject composeexample .

6 プロジェクト内のsettings.pyを編集する。

DATABASES = {
    #追加
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.postgresql_psycopg2',
        'NAME': 'postgres',
        'USER': 'postgres',
        'HOST': 'db',
        'PORT': 5432,
    }
}

7 docker-compose upコマンドを実行する。

$ docker-compose up
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした