Edited at

LaMetric TIMEにAPIを使ってテキストを表示してみた

会社でLaMetric TIMEを購入したので、APIを使用してテキストを表示してみました!


LaMetric TIMEとは?

LaMetric TIMEは、時計の表示だけでなく、スマホから様々なアプリを登録して、天気、ニュース、セキュリティアラート、デジタルメトリクスデータ、売上高の推移、スマートフォンへの通知などをドットで表示できるいい感じのLED時計です!

image.png

Amazonで買えます↓

http://amzn.asia/d/7kSUmNp

今回は、LaMetric TIMEにコマンドプロンプトからAPIを使用して、プログラミングの初歩である「HELLO!!」を表示しました!


IPアドレスの確認

APIを使用するには、LaMetric TIMEが使用しているIPアドレスを取得する必要があります。

IPアドレスは、iPhoneのアプリから取得しました。

設定画面>Wi-Fiの設定を確認すると、IPアドレスが表示されます。

image.png


Basic認証キーの確認

ドキュメントを読んでみるとBasic認証でAPIを実行できると書いてあります。

ユーザー名はdev、パスワードはApi Keyです。

Api KeyはDEVELOPERサイトにログインしてアカウント情報からDEVICESタブをクリック

これで自分のLaMetricに付与されたApi Keyが確認できます。

image.png


ヘッダーの作成

curlコマンドを使用して、APIリクエストをします。

LaMetricはAuthorization ヘッダー を利用するBasic認証なので、ユーザー名とパスワードを : で足した文字列を Base64 でエンコード下ヘッダーが必要ですのでこれを作成します。

Base64エンコードは、以下のサイトで実施しました。

http://www.convertstring.com/ja/EncodeDecode/Base64Encode

dev:[Api Key]

をエンコードしたい内容に入力し、エンコードされたテキストをコピーします。


curlコマンドの作成

ここまでで下準備は完了しました。

あとは、curlコマンドでAPIリクエストするだけです。

コマンドは以下のようになります。

curl -X POST -d "{\"model\":{\"frames\":[{\"text\":\"Hello!\"}]}}" -H "Authorization: Basic [生成したBase64]" -H "application/json" http://192.168.xx.xx:8080/api/v2/device/notifications

実行すると、LaMetric TIMEに「HELLO!」が表示されます!

実際の動画はこちら↓

LaMetricにAPIでHELLO!を表示してみた


まとめ

今回は、LaMetric TIME をAPIで動作させてみました!

温度センサーと組み合わせると、いい感じの温度計になりそうですね。

近いうちに、Gravioを使用してIoTデータを表示してみようと思います!