Edited at

Gravioのインストール方法

Gravioのインストールまでの流れをメモとして残しておきます。

なお、本コンテンツの内容はWindows 10 PCおよびMicrosoft Store,インターネットへの接続を利用することを前提に作成しています。

Gravioは、IoTの実装を簡単に行うためのエッジ型ソフトウェアです。コードライティングによるプログラミングを必要とせず、GUIによりアプリケーション上にて各種設定を行うことで、気軽にセンサーデータを収集、活用できます。

Windows 10 PCがあればすぐに利用可能です:kissing_smiling_eyes:


インストール

先にも記載しましたが、今回はWindows PCへのインストール方法を記載していきます!

Gravioのサービスは、

1. GUIベースでセンサー、データの振る舞いを設定していく Gravio Studio

2. Studioで設定された振る舞いにもとづき、センサーとの実質的な接続管理、データ蓄積、各種動作などを行う Gravio Server

上記2つのアプリケーションサービスから成り立っています。


1.Microsoft StoreでGravioを入力して検索

image.png


2.Gravio Studioをクリック

image.png

手順としては、Studioを入れたあと

こちらをクリックするとMicrosoft Storeと接続します。


3.インストールをクリック


4.Gravio Serverをダウンロード

こちらのサイトからインストーラーをダウンロードします。

https://www.gravio.com/jp/product#Gravio-Server

image.png


5.Gravio Serverをインストール

ダウンロードした「GravioService.msi」を実行します。

インストーラーが起動するので、表示されるメッセージに従って、インストールを実行します。

インストールが完了すると、自動的にGravio Serverが起動状態になります。


6.サインアップ

Gravio Studioを起動し、初期画面からサインアップします。

登録したメールアドレスに認証コードが届くので、そちらを入力しログインします。

ログインすると、サーバー管理画面が表示されます。

サーバーアイコンをダブルクリックすることで、各種センサーの設定ができます。

image.png

以上で、Gravioの使える環境が整いました。

インストール方法については、こちらの動画も見ていただければと思います!

↓↓↓動画↓↓↓

インストール方法動画


ライセンスアップグレード→センサーの貸出依頼

Gravioでは用途にあわせて複数のプランをご用意しています。有償のBasicプランにて

ご契約をいただくことで、Gravio認証センサーの無償貸出サービスが利用可能です。

プランのアップグレード方法、及び貸出依頼の方法については下記をご参照ください。


プランのアップグレード

image.png

Gravio Studioからアップグレードをクリックします。

image.png

¥500/月がベーシックプランの金額です。こちらをクリックいただくと、自動的にMicrosoft Storeへ接続し、支払いに関するクレジットカードの登録画面が表示されます。

こちらにご登録いただくことで、自動的にプランがアップグレードされます


センサーの貸出依頼

Basicプランを契約すると、センサーの貸出依頼ができるようになります。

弊社のカスタマーサイト(Gravio Cloud User Website)にアクセスし、ログインします。

ログインは上記で設定したメールアドレスとパスワードでできます。

デバイスメニューから利用したいデバイスを選択し、必要事項を記入し、”貸出注文を実行”を押します。

image.png

こちらで入力いただきました情報をもとに、弊社よりデバイスを後日送付いたします。

センサーイメージ_2.jpg

(写真はサンプルです。)

以上がセンサーの貸出までの流れとなります。


あとがき

今後はGravioでできることについては、今後も投稿していきます!

こんな使い方できたよ!などは、ぜひ投稿していただけると嬉しいです:grin: