Excel
グラフ
IoT
温度センサー
Gravio

温度センサーのデータをエクセルで簡単に表示

Gravioを使って、温度データをExcel表示しました!

温度センサーデータのグラフ化概要

お手元の「Windows 10 PC」で、かつ「ノン・プログラミング」でできちゃいます:v:


準備するものと今回試した環境

■PC

・Windows 10 バージョン 1803

■Microsoft Excel

・バージョン1810

Gravio(インストールが必要)

 -Gravio Studio Version.2.0.2000

 -Gravio Service Version.2.0.1997

■センサー

・Gravioレンタルデバイス(USBレシーバー付きでレンタルとなります)

 -温湿度センサー

   温湿度センサー


Gravioの設定


STEP1 センサーの設定


1.温湿度センサーをGravioに接続する

Gravioサービスに接続し、右上のCOMポート接続画面を開きます。

image.png

USBレシーバーと温湿度センサーを接続します。

 接続方法はこちら

↓接続完了画面

image.png


2. センサーをGravioに登録する


(1) エリア・レイヤーを登録する

画面右上の”+”ボタンをクリックし、エリアを作成します。

エリアを作成すると自動的にレイヤーが作成され、SENSING DEVICE TYPEにAqara-Temperatureを選択します。


(2) レイヤーにデバイス(センサー)を登録する

一番右のデバイスウィンドウの”⊕”ボタンを選択し、デバイスを追加します。


3. データの収集を開始する

デバイスのスライドボタンをONにすることで、データの収集を開始します。


4. データビューアーで表示する

データを収集できていることを、データビューアーで確認します。

温度データ収集画面

画面右上にあるLIVEボタンをクリックするとリアルタイムで取得したデータが表示されます。


STEP2 動作(アクション)の設定


1.アクションカードを作成する

サーバ管理画面より、アクションボタンをクリックし、アクション管理画面を表示します。

image.png

アクション管理画面の右上の”+”をクリックし新しいアクションカードを作成します。

作成したアクションカードをダブルクリックし、アクションを設定します。


2.動作(コンポーネント)を並べる

動作させたいアイコン(コンポーネント)を並べます。

今回はセンサーデータベースとファイル出力の2つを使用します。

アイコン設置後アクション作成画面


(1)センサーデータベースコンポーネントの設定

プロパティを選択し、各種項目を設定します。

項目
設定値

エリア、レイヤー、デバイス
前節にて設定した内容

その他
デフォルト値

image.png

ファイル出力コンポーネントへ送るデータを設定します。

image.png

ステップ変数に表示されているアイコンをクリックし、ステップ出力を設定します。


(2)ファイル出力コンポーネントの設定

プロパティに出力ファイル名を設定します。

ファイル出力コンポーネント設定

ファイルに出力する項目を設定します。

出力設定

ステップ入力のボタンをクリックし、ステップ出力を設定します。


3.出力結果の確認

image.png

右上に表示されている”▷”をクリックし、ファイルを出力します。

ファイルは、”C:\ProgramData\Gravio\action\data”に出力されます。


STEP3 動作タイミングの設定(タイマー設定)

デバイス設定画面に戻り、下に表示されているデバイスタブの2つ右にあるタイマー画面にて、動作のタイミングを設定します。

タイマー設定画面

1時間に1回ファイルを更新します。


Excelで表示

出力ファイルをExcelでグラフ化します。


データの読み込み

新しいシートを作成し、Gravioで出力したデータファイルを読み込みます。

image.png

データタブをクリックし、データの取得>ファイルから>JSONを選択し、”C:\ProgramData\Gravio\action\data”に出力したファイルを読み込みます。

JSON設定

Queryエディター上で、テーブルへ変換します。

image.png

展開するデータにチェックを入れOKすると、列が2行に増えます。

今回は、時刻データ(DateTime)と、センサーデータ(Attribute)を設定します。

次にデータの型を指定します。

image.png

時刻データには日付/時刻を、センサーデータには10進数を割り当てます。

ホームタブより、閉じて読み込むとデータがシートに表示されます。

image.png


グラフ化

読み込んだデータをもとに、グラフを作成します。

時刻データを時間に沿って表示するために、グラフの種類は散布図を使用します。

実際に作成した結果はこちらです。

温度データグラフ

センサーを手で持ったりしていたので、凸凹グラフになっています。。。

壁などに設置しておくと、きれいな線形グラフになります。

■【11/30追記】■

自席にて一日計測してみました!

image.png

日中は結構気温が高い部屋ですね・・・。

■■

タイマーで一時間に一度Gravioのデータは出力されるので、Excelのクエリプロパティで1時間に一回更新する設定をしておけば、常に最新のデータを表示することができます。


あとがき

GravioとExcelを使って、簡単に温度データをグラフ化しました!

Excelの普段使っていなかった機能を使用すると、苦戦しますね・・・。

誰でも簡単に温度データの可視化ができるので、ぜひGravioをご活用ください(^^)/