PHP
laravel

ローカル環境でLaravelをインストール(Homebrew)

※ローカル環境にPHPの環境は整った状態での作業になります。

とりあえず必要なものがインストールされているかバージョン確認

php -v

$ php -v

PHP 7.2.5 (cli) (built: Apr 26 2018 12:07:32) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.2.5, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies

composer -v

$ composer -v
   ______
  / ____/___  ____ ___  ____  ____  ________  _____
 / /   / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__  )  __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
                    /_/
Composer version 1.6.5 2018-05-04 11:44:59

Usage:
  command [options] [arguments]

Options:
  -h, --help                     Display this help message
  -q, --quiet                    Do not output any message
  -V, --version                  Display this application version
      --ansi                     Force ANSI output
      --no-ansi                  Disable ANSI output

httpd -v

$ httpd -v
Server version: Apache/2.4.33 (Unix)
Server built:   Mar 22 2018 01:24:46

Mysql

$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.22, for osx10.13 (x86_64) using  EditLine wrapper

こんな表示になっていればOK
Laravelをインストールしていく

Laravelをインストールする準備

もしcomposerがない場合はインストール

$ brew install composer

.bash_profilenにpathを追加

export PATH=$PATH:~/.composer/vendor/bin:/usr/local/sbin
#bash_profile更新
source ~/.bash_profile

composerのバージョン確認

$ composer --version
Composer version 1.6.5 2018-05-04 11:44:59

Laravel Valitインストール

Composerを用いてLaravel Valitをインストール

$ composer global require laravel/valet

インストール完了したらバージョン確認!

valet --version

ここでインストールされているのにnot commandの様なメッセージが表示されている場合は、.bash_profileにpathが通ってない可能性があるので、pathを通してみてください。

valetインストールしてみる

$ valet install 実行

/
/
/
    Restarting nginx.

    Valet installed successfully! ←インストール完了!

次にLaravel Valetの設定を行います。
開発を行うディレクトリに移動し、valet parkコマンドを実行。

valet park

自分の場合は、/workspace/php/laravel/ディレクトリを作成してそこにvalet parkを実行

ちなみにvalet parkが実行されたディレクトリ以下は、全てvaletの管理下に置かれるようです。

※ 逆に開発ディレクトリの解除をしたい場合はvalet forgetで解除

実際にプロジェクト作成してみる

プロジェクト作成もComposerを用いての作成

$ composer create-project laravel/laravel <プロジェクト名> <Laravelバージョン>
例:$ composer create-project laravel/laravel TestProject "5.5.*" 実行

処理が終わったらプロジェクトのディレクトリに移動し、storage/とbootstrap/cache/の権限を適切なものに変更

$ cd TestProject #移動
$ chmod -R 777 bootstrap/cache/ #権限付与
$ chmod -R 777 storage/ #権限付与

※bootstrapとcachaの権限はプロジェクト毎に付与した方が良さそう

TLS通信の準備

valet openコマンドでデフォルトで開くChromeさんが最近のバージョンから可能であればhttps通信を試みるようになり,そのままの状態だと開けないためTLS暗号化の準備をします。

ということみたいなので下記実行

$ valet secure

作成したプロジェクトへ移動

$ valet open

Laravelのページが表示されていれば完了

参考:

https://qiita.com/zeriyoshi/items/f995668d435d3c7a7d9d
https://qiita.com/nkumag/items/3ba39749e5ad59ede1f5
https://qiita.com/33yuki/items/ae8182d6024ea0657df2

この辺り参考にさせていただきました。