mongo

mongoの使い方ー設定編

More than 3 years have passed since last update.

SimpleNoteの整理中。かなり昔のものなので、信頼性は微妙。役に立たないものなら破棄しますのでコメントくださいませ。

mongodのコマンドラインオプション

mongodはmongoDBのサーバコマンド

多いので全体はhttp://www43.atwiki.jp/worknotes/pages/73.html で確認すること。

重要なものだけ

--auth  セキュリティを使用して実行
--dbpath arg    データファイル用のディレクトリ
-f [ --config ] arg 追加のオプションを指定する構成ファイル
--repair 綺麗に終了しなかった時にはつけましょう。

mongo設定ファイル

ファイルベースの設定のほうが個人的には便利。

http://www.mongodb.org/display/DOCS/File+Based+Configuration

から確認できる。

mongo のコマンドラインオプション

mongoはmongoDBのクライアントコマンド

--shell
mongoを起動し、JavaScriptファイルを引数として指定する場合、または“mongo --eval”を指定する場合、--shellは、ファイルの実行完了後、ユーザーにシェルプロンプトを提供します。

--nodb
このオプションを使用して、シェルがどのデータベースインスタンスとも接続しないようにします。

--norc
デフォルトでmongoは起動時に、~/.mongorc.jsファイルを実行します。このオプションを使用して、シェルが起動時にこのファイルを使わないようにします。

--quiet
接続プロセス中にシェルからの出力を停止します。

--port
mongodまたはmongosインスタンスがリッスンするポートを指定します。指定しない場合は、mongoはポート27017でmongodインスタンスに接続します。このポートはデフォルトのmongodポートです。

--host
mongodまたはmongosがとして接続するホストを指定します。デフォルトでmongoはローカルホスト上で実行されるMongoDBプロセスに接続しようとします。

--eval
このオプションの引数として指定されるJavaScriptを評価します。mongoは、コードを評価する際、それ自身の環境をロードしません。その結果、シェル環境がrこと利用できないことがあります。

--username , -u
データベースが認証を必要とする場合、MongoDBインスタンスに認証するためのユーザー名を指定します。パスワードを指定するmongo --passwordオプションと共に使用します。

--password , -p
データベースが認証を必要とする場合、MongoDBインスタンスに認証するためのパスワードを指定します。ユーザー名を指定するmongo --usernameオプションと共に使用します。--usernameを--passwordオプションなしで指定すると、mongoは、インタラクティブにパスワード入力を求めます。

--help, -h
基本ヘルプおよび使用法のテキストを返します。

--version
シェルのバージョンを返します。

--verbose
接続プロセス中にシェルの出力における詳細度を高めます。

--ipv6
IPv6ネットワーク経由でmongoがMongoDBに接続できるよう、IPV6サポートを有効にします。mongoを含むすべてのMongoDBプログラムおよびプロセスでは、デフォルトでIPv6サポートが無効化されています。

http://www.mongodb.org/display/DOCS/Manual

参考サイト

mongo 系の プライベートwiki
http://www43.atwiki.jp/worknotes/pages/67.html