Help us understand the problem. What is going on with this article?

angularJSの$httpで送ったデータを$_POSTで受け取る

More than 5 years have passed since last update.

angularの$httpを利用するとajaxリクエストが送信可能です。

$scope.$http(config)

configにはオブジェクトでそれぞれ送信情報を送ります。

  • method: HTTPメソド。'GET', 'POST' とか
  • params: GET形式のURLにひっつくパラメータ
  • data: POST形式のリクエストBODYにひっつくパラメータ
  • header: リクエストヘッダ
  • url: URL

POSTでパラメータを送る時の問題

 ただangularからPOSTでパラメータを送信しても、PHP側から$_POSTで取得できない。

    result = $http(
      method: "POST"
      url: url
      data: data
    )

 PHP側から取得するには

$request_body = file_get_contents('php://input');
$data = json_decode($request_body,true);

みたくします。ヘッダにapplication/x-www-form-urlencodedがついてないので$_POST側に自動で展開されないみたいです。

なんか最近はこういうpayloadの送り方が流行ってるみたいですが非常に面倒です。誰得なんでしょうか?

$_POSTで取りたい!!

 そんなわけのわからん方法で取れる、って言われても納得出来ねぇよ!!って人向けに。javascriptで送信する際に以下のようにちょっと操作を加えます。

    result = $http(
      method: "POST"
      url: "#{Config.api}user/put"
      data: $.param(data)
      headers: {'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded'}
    )

ポイントとしては2点

  • 自分でapplication/x-www-form-urlencodedヘッダを送信する。
  • データを$.param関数で変換する。

です。

つーか$httpってjQuery.ajaxとどう違うの?

 jQuery.ajaxと違って$httpはangularの内部だからコールバックで$scope.$applyしなくていいんだぜ!!みたいな記事を見た気もするけど、
jQuery.ajaxのコールバックも$scope.$apply要らんかったような…

 angularっぽい書き方と言う事で$httpを使ってますが正直あんまり利点は感じません。
あ、でも成功時と、エラー時のコールバック引数の形が同じなのは嬉しい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした