Help us understand the problem. What is going on with this article?

【2017年8月26日現在】組織アカウント(office365, AzureAD)でMicrosoftアカウントを作成する方法

More than 3 years have passed since last update.

Microsoftアカウントと組織アカウントの重複問題について

Microsoftの認証基盤は2つあります。
1. Xboxやhotmailと結びついた主に個人向けのMicrosoftアカウント(Personal account)
2. office365やAzureActiveDirectory配下の組織アカウント(Work or school account)
の2つです。

これだけ聞くと、ふ~んという感じですがログインに関して問題がございます。
例えば、sample@contso.comというAzureのポータルにアクセスしてみましょう。
メールアドレスを入力すると以下のような選択肢が出ます。
account1.png

sample@contso.comが「Microsoftアカウントなのか」「組織アカウントなのか?」について聞かれるわけですが、
Azureの認証にMicrosoftアカウントを利用している場合、組織アカウントを選んでもログイン後のAzureには何も表示されません。
逆にSharePoint(office365)に組織アカウントでアクセスしようとしても、個人アカウントを選んでは同じく何も表示されません。

現状

MicrosoftとしてはこのIDの重複問題への対策として、
組織アカウントでの新規のMicrosoftアカウントの作成は禁止してあります。

※参考
Cleaning up the #AzureAD and Microsoft account overlap
#AzureAD と Microsoft アカウントの重複問題に対する取り組み

例外的な対策

通常では上の通りMicrosoftアカウントの作成時に組織アカウントのメールアドレスを指定すると
「無理です」と怒られます。

ただし、Bing Adsというサービスは
現状Microsoftアカウントの認証しか提供していないので例外的に組織アカウントでの作成が可能です。

以下のページにアクセスし、「Already use Bing Ads?」の箇所に組織アカウントのメールを入力することで作成可能です。
account2.PNG
「Bing Adsと紐付けますか?」というページ以降は入力しなくて大丈夫です。

注意事項

この方法もいつまで残るかわからないので、どうしても必要な場合のみ利用しましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした