ATOM
EditorConfig

[Mac] AtomにEditorConfigを導入する

More than 1 year has passed since last update.

EditorConfigを使用すると、チームで異なるエディタやIDEを使っていてもコードスタイルを統一することができます。本記事では、AtomにEditorConfigを導入する手順をまとめます

環境

  • OS X El Capitan (v10.11)
  • Atom 1.15.0 x64

editorconfigパッケージをAtomにインストール

Atom -> Preferences
Settings内の、Installタブをクリックし、検索バーにeditorconfigと入力しEnter

settings.png

editorconfigパッケージの、右のinstallボタンをクリック

installed.png

インストールできました

.editorconfigファイルを作成

プロジェクト直下に.editorconfigファイルを作成し、設定を記述する

.
└── .editorconfig

記述例

.editorconfig
# このファイルより上の階層の.editorconfigファイルは評価しない
root = true

[*]
# インデントはスペース2つ分
indent_style = space
indent_size = 2
# 文字コードはUTF-8
charset = utf-8
# 行末の空白文字を削除
trim_trailing_whitespace = true
# ファイルの末尾が改行でない時に補完
insert_final_newline = true
# 改行コードはLF
end_of_line = lf
# 一行は80文字まで
max_line_length = 80

[*.md]
# Markdownの時は行末の空白文字を削除しない
trim_trailing_whitespace = false

動作確認

同じくプロジェクト直下にhello.jsを作成

.
├── .editorconfig
└── hello.js

何か書いてみる

hello.js
const hello = () => {
  console.log('hello'); //インデントはスペース2つ分になっている
};

hello();

.editorconfigファイルでindent_size = 4に変更し、また新たに何か書いてみる

hello.js
const hello = () => {
  console.log('hello');
};

const world = () => {
    console.log('world'); //インデントがスペース4つ分になっている
};

hello();
world();

インデントがスペース4つ分になっていれば、設定が正しく反映されている

ん...?

ウインドウ右下の黄色いネズミマークをクリックすると...

mouse.png

warning.png

「whitespace」というAtomのCore Packageが、.editorconfigファイル内のinsert_final_newlinetrim_trailing_whitespaceの設定とコンフリクトする可能性があるとのこと

Core Packageは消せないので、無効化しましょう

Atom -> Preferences
Settings内の、packagesタブをクリックし、検索バーにwhitespaceと入力しEnter

whitespacesetting.png

whitespaceパッケージの、右のDisableボタンをクリック

whitespacedisabled.png

disappered.png

ネズミさんはいなくなりました

参考

EditorConfig
Atom
editorconfig(Atomパッケージ)