業務用管理画面の開発・改善案件を受ける際のpros/cons

「社内で業務で使っている管理画面を改善したいんですけどー」的な案件が好きで昔からよく受けているんですが、その中で感じているpros/consを簡単にまとめてみた。
(issueレビュー待ちの時間つぶし)

pros

利用ブラウザを強いることができる

  • 社内向けのサービスなので、toC向けのサービスと違って「Chromeを使ってください」的なことを言える
  • 今回初めてArray.prototype.find()を使ってみたんですが、これ便利ですね。IE氏ね。

その業種独特の業務内容を知ることができる

  • 知らないと良い管理画面なんて作れない
  • これがけっこう面白い。学び

「作業効率の改善」を目的としていることが多く、効率化大好き人間にはたまらない

  • 「コンバージョン率を上げる」「売上を上げる」みたいな目的に比べて達成しやすい
  • そしてそもそも現状がダメダメだから依頼がくるのであって、けっこうシンプルな解決法でも簡単に成果が出せる
  • ちなみに「作業時間が半分になったら、その分の人件費がそのまま利益となるんですよ」的な話をよくしてます
    • その分の人件費を削れという話ではなく、浮いた時間をもっと建設的な業務に回そうぜというお話

cons

ポートフォリオに載せられない!!!!

  • 「こんなものを作りました!」って言えないのは微妙に辛み。
    • まぁ、ポートフォリオなんて作ってないんですけどね。
  • それでも、自分的に「良いものできた!」と思ってても世間のみなさんには使ってもらえないのは悲しみ