Help us understand the problem. What is going on with this article?

ASO対応として、GooglePlayストアの掲載情報をABテストする

More than 5 years have passed since last update.

ASOを極めるために一番簡単なのがgoogleplay。今回はこのGooglePlayConsoleにあるストア掲載情報のABテスト機能あるので使ってみます。今回は試しに使ってみるだけなので「簡単な説明」項目をABしてみますね。

まず、ストアの掲載情報 -> A/Bテスト -> ローカライズ -> 日本語選択し作成

b47742d8-b613-fa61-c3d8-237ffd903e6f.png

テスト名に「簡単な説明テスト」を入力。ここで気をつけるのはオリジナル(現在のパターン)は50%以上でなくてはいけません。
a4d4098a-149c-0d79-37e9-3fbf297852b1.png

属性に「簡単な説明」を選択。他にも下記項目がABできます。
443a5890-ea47-9c56-2ec9-3719f6cae459.png

バリエーションはとりあえず試しなので2パターンを追加。テスト名なども決めれるので後から見てもわかるような名前にしましょう。
6def4bfc-9217-f270-e041-95475affb8c6.png

そして、テスト実行!!!

データはある程度たまらないと判断できないので有意差でるまで放置してみます。結果としては、インストール数やアンインストール数からパフォーマンスを自動で判定してくれます。
9aea4bca-f9de-5d4a-1ce4-76a25d3872a3.png
5640fb41-8e59-9c8e-8003-1092b38ec0dc.png

midori004
サイトとアプリのプロダクトオーナー/UXデザイナー。 2015年はデザイン制作勉強。 2016年4月から100%WEBエンジニア(サーバーサイドメイン)。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away