27
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

WindowsでSourcetreeを使ったGitHubの認証方法でパスワード認証からトークンベース認証への移行方法

はじめに

2021年8月13日から、GitHub.comでのGit操作の認証時にアカウントのパスワードを受け付けなくなるような仕様に変更されました。

https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/

これにより、今後はパスワード認証ではなく、トークンベース認証を使用しなければ、GitHubを操作することができなくなります。私はWindowsマシンでSourcetreeを使って、パスワード認証でGitHubを操作していたので、この仕様変更で使えなくなりました。今回は、この状態からGitHubを操作できる状態までの手順を記事にしようと思います。

この記事では、WindowsでSourcetreeを使ったGitHubの認証方法でパスワード認証からトークンベース認証への移行方法を記載します。トークンベース認証に関しては、個人用アクセストークン、OAuthトークン、GitHub Appインストールトークンなどありますが、ここでは個人用アクセストークンを用いた認証方法を使います。
よろしくお願いします。

手順

手順1:個人用アクセストークンの発行

まずは、個人用アクセストークンの発行をします。(以下、公式の手順)

https://docs.github.com/ja/github/authenticating-to-github/keeping-your-account-and-data-secure/creating-a-personal-access-token

これは、GitHub上で作業します。手順は以下の通りです。
1. 自分のアカウントでログイン。
2. Settingsページへ移動。
3. Developer settings > Personal access tokens > Generate new tokenの順番で移動し、発行準備。
4. Note、Expiration、Select scopesを設定して、トークンを発行する。
5. 発行されたトークンは一度しか表示されないので、必ずローカルなどへ保存し、控えておいてください。

以上で、個人用アクセストークンの発行は終了です。

手順2:Sourcetreeのpasswdファイルの削除

次に、ローカルにある、Sourcetreeのpasswordファイルを削除します。
これをすることで、今まで適用されていたパスワードを削除することができます。
以下の場所に置いてあるので、このpasswdファイルを削除します。

C:\Users\{USERNAME}\AppData\Local\Atlassian\SourceTree\passwd

削除したら、Sourcetreeを再起動します。
以上で、Sourcetreeのpasswdファイルの削除の終了です。

手順3:Sourcetreeで個人用アクセストークンを使って、再認証する

最後に、Sourcetreeで個人用アクセストークンを使って、再認証します。
これは、Sourcetree上で作業します。手順は以下の通りです。

  1. Sourcetreeを起動したら、ツール > オプション > 認証 > アカウント > 編集 を選択します。
  2. 認証がBasicに選択されている状態で、パスワードを再読み込みします。
  3. パスワードに、先ほど発行した個人用アクセストークンを入力します。

※ Sourcetree操作時に、再度パスワードを求められたら、個人用アクセストークンを入力してください。

以上で、Sourcetreeで個人用アクセストークンを使って、再認証は終了です。

おわりに

これで無事に、WindowsでSourcetreeからGitHubを操作することができるようになったと思います。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
27
Help us understand the problem. What are the problem?