Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

ワイワイプログラミング入賞の考察と感想

More than 1 year has passed since last update.

NHKのワイワイプログラミングに作品を投稿してみた結果、なんと入賞してしまいました!
今回はそのことに関して、記していこうと思います。

ワイワイプログラミング

ワイワイプログラミングでは毎月、お題が出され、そのお題に沿った素材が用意してあります。その素材は使っても使わなくてもよく、作るものもなんでもいい。アイデアと工夫が大事のこと。。。
私は2018年の11月のお題である「計算記号を使って自由に作ろう!」に参加しました。

プログラミング言語と対象者について

プログラミング言語

使う言語は「Scratch」という言語です。これは、ブロックを組み立てて、プログラムを作っていくものになります。

対象者

対象者は全年齢対象にしており、区分としては

小学生未満
小学1年
小学2年
小学3年
小学4年
小学5年
小学6年
中学1年
中学2年
中学3年生
高校生以上

となっていました。小学生から中学生がメインになると思います。おそらく小学生から中学生の方が、入賞以上を狙いやすいと思われます。
もちろん私は高校生以上で応募しました。(笑)

私は「 T__michi 」というアカウントでScratchを利用しています。
入賞した私の作品はこちら

投稿した私の作品について

お題

お題は「計算記号を使って自由に作ろう!」で、いくつかの計算記号の素材が用意されていました。

作った作品について

私が作った作品は「目と耳で判断しろ!計算記号当てゲーム」です。
これは、「+」「-」「×」「÷」の計算記号がランダムに画面に出てきて、一番多く出てきた計算記号を当てるゲームです。とても単純なゲームになります。(笑)

入賞した根拠

正直なところ、内容や、クオリティ、アイデアに関しても、そんなに入賞するまでのレベルではないと思います。
ただ、どの点が入賞したレベルになったかと考えてみると、このゲームのプログラムにあると思います。
入賞画像.PNG

T__michiというものが私のアカウントなのですが、紹介のコメントの内容が

4つの計算記号が宇宙をとびまわっている!もっともたくさんあらわれた記号を当てよう!動きはランダムだからなんども遊ぶことができる!あきさせない作りがとってもいいぞ!

と書いてあります。これは私が書いたのではなく、NHKの編集部さんが書いたものです。

動きはランダムだからなんども遊ぶことができる!あきさせない作りがとってもいいぞ!

この部分が特に大事な文だと思います。この「あきさせない作り」というところが、私がプログラムを組んでいる時に最も力を注いだところなので、しっかりと伝わっていたのが嬉しかったです。

「あきさせない作り」プログラムの一部

数の決定の画像.PNG

このプログラムが一番、このゲームの肝になる部分です。
ゲームが始まると、同時に、「+」「-」「×」「÷」の計算記号が出現する数の計算が始まります。さらにこのプログラムは乱数で決定するので、同じ数になってしまうのを防ぐために、4つの変数が全て異なる数になるまで、乱数の計算を繰り返すような仕組みになっています。

感想

目と耳で判断しろ!計算記号当てゲームの制作時間はおよそ10時間ほどです。
入賞を狙うために、良いアイデアで勝負したり、クオリティで勝負したり、ストーリーを重視したりと、手段は様々だと思います。
私の場合は、プログラムの仕組みということでした。
NHKの編集部さんは完成した作品だけでなく、プログラムの方もしっかりと見ているということには驚きでした。
ワイワイプログラミングには、ふとした瞬間の参加でしたが、とてもいい経験になりました。

michimichix521
情報学を学んでいました。 ワクワクするようなものを作りたい。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away