LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

WindowsでのNLS_LANGの設定方法

Last updated at Posted at 2021-02-26

NLS_LANGに関するFAQによると、レジストリ上に定義するか、環境変数に定義することになっているようだ。

レジストリに定義する場合

NLS_LANGという名前のエントリがあるそうな。

Oracleバージョン7の場合:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE

Oracle Databaseバージョン8、8i、および9iの場合:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\HOMEx\

ここで、"x"はOracleホームを識別する一意の番号です。

HOME0は最初のインストールです。

Oracle Database 10gの場合:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_

環境変数に定義する場合

「システム・プロパティでシステム環境変数またはユーザー環境変数として設定」とあるが、Windows 10ではおおよそこんな手順:

  • スタートメニュー→設定
  • 設定画面を開いたら、上の検索窓に「環境変数」って入力しちゃったほうが早い。

Windowsの設定画面の表示例

もしもwebサーバー上でphpとかサーバープログラムを動かすのであれば、「システム環境変数の編集」を選択することを強くおすすめする。(どっちを選んでも、開く画面が同じで、開いた画面上の操作によってユーザー環境変数化システム環境変数かを選択することになる。)

ありがちなパターン

さすが、SHIFT THE ORACLEさんにちゃんと書いてあった。
マルチバイト・キャラクタセット - オラクル・Oracleをマスターするための基本と仕組み

  • Japanese_Japan.AL32UTF8 -- LANG=ja_JP.UTF-8 の場合
  • Japanese_Japan.JA16SJIS または JA16SJISTILDE -- いわゆるSJIS、全角「~」の互換性対策のために後者を使うケースが有る。
  • Japanese_Japan.JA16EUC または JA16EUCTILDE -- いわゆるEUC、全角「~」の互換性対策のために後者を使うケースが有る。

以上、個人的メモ。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1