Help us understand the problem. What is going on with this article?

enthumble キーカスタマイズ【基本編】

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

キーボード快適化ソフト | enthumble

http://jp.enthumble.com/
使用頻度の高いキー操作を手もとで行えるようにする、簡単設定のカスタマイズソフト
Windows用フリーソフト | インストール不要 | 商用利用可 | 有料版はキーカスタマイズ可能

キーカスタマイズ適用方法

有料版のみ、キーカスタマイズが可能です。有料版は、Keylist内の設定ファイル変更により、オリジナルのキーカスタマイズが可能です。

Keylist内のiniファイル編集後、enthumbleを再起動するかModeを切り替えてください。

一発設定リロードボタン(無変換 + appsKey)も活用してください。
*appsKeyとは右ctrlやaltの隣にあるキーです。

キーカスタマイズ解説

キー設定ファイル(./KeyList./****.ini)の中身を解説します。

キー入力

Space={Enter}

イコール記号左側にキーボードのキー名を、イコール記号右側には代替入力したいキー名を記入します。この時、代替入力したいキー名を、ブランケット"{}"で挟んで記入します。上記設定では、無変換キー + Space で、Enterキーを入力します。enthumbleの文法は、Autohotkey と同じです。enthumble 自体、同ソフトで作成していますので。

直接入力

1=http://jp.enthumble.com/
m={+}hoge{#}

ブランケットなしで文字列を書くと、直接一度にタイプします。無変換 + 1 で、URLを入力しています。何度も入力するメールアドレス・URL・電話番号などを記憶させると便利です。特殊記号は、括弧で括れば入力できます。漢字等の入力には、本ページ下部のリンクからキーカスタマイズ応用編をご参照ください。

無入力

1={}

ブランケットのみでは、なにも入力しません。無変換 + 1 で、なにも入力しません。

ctrl や shiftキーとの組み合わせ

b={shift down}{b}{shift up}
b=+{b}
c={ctrl down}{c}{ctrl up}
c=^{c}

Shiftキーと組み合わせたキー入力には、代替キーを{shift down}と{shift up}ではさみます。Ctrlキーを組み合わせをするには、{ctrl down}と{ctrl up}ではさみます。"+"や"^"でも同様に動作します。無変換 + b で、Shiftを押しながらbの動作、無変換 + c で、Ctrlを押しながらcを押す動作をします。

マウスクリック

A={RButton} ;mouse right click
B={MButton} ;mouse middle click
C={LButton} ;mouse left click
D={WheelDown}
E=^{WheelUp};拡大 zoom up
F=^{WheelDown} ;縮小 zoom down

マウスクリックをキーボードで代替できます。Ctrlキーとの組み合わせもOKです。

リンク

こちらもご参照ください。

Readme 【説明書】
キーカスタマイズ【基本編】★現在のページ
キーカスタマイズ【応用編】
キーカスタマイズ例 【開発者本人】
キーカスタマイズ例 【ユーザー投稿】

以上

mhara
Windows用キーボード便利化ソフトウェア「enthumble」を作成。キーボードソフトというマイナーな領域にもかかわらず10万ダウンロードを達成。 「家電批評」「MONOQLO」「Windows 100」などの情報誌で、キーボード専門家としてレビュー記事の協力もさせていただいております。
https://gorocro.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした