search
LoginSignup
3

More than 1 year has passed since last update.

Organization

プロセス確認コマンドpsのオプション忘備録

超基本だけどプロセス確認コマンドpsのオプション忘備録。

ps

オプションなし。
自分のユーザのプロセスが省略された形で出てくる。

$ ps

  PID TTY           TIME CMD
24863 ttys000    0:00.10 /bin/bash -l
32161 ttys004    0:00.05 -bash

ps -f

fオプション。
UID、PPID、C、STIMEのカラムを追加で確認できる。

$ ps -f

  UID   PID  PPID   C STIME   TTY           TIME CMD
  501 24863 24861   0  7:32PM ttys000    0:00.10 /bin/bash -l
  501 32161 32160   0  6:45PM ttys004    0:00.05 -bash

ps -ef

$ ps -ef

  UID   PID  PPID   C STIME   TTY           TIME CMD
    0     1     0   0 木10AM ??         3:30.67 /sbin/launchd
    0   102     1   0 木10AM ??         0:07.61 /usr/sbin/syslogd
    0   103     1   0 木10AM ??         0:17.05 /usr/libexec/UserEventAgent (System)
...

全ユーザの実行中プロセスが省略されずに表示される。

カラム 意味
UID ユーザID
PID プロセス番号
PPID 親プロセスID
C プロセスのCPU使用状況
STIME プロセスの開始時刻
TTY 端末名
TIME プロセスの総実行時間
CMD 実行コマンド名

ps -ef | grep xxxx

プロセスを探したいときは基本的にこれを使う。

$ ps -ef | grep xxxx

$ ps -ef | grep httpd

    0   141     1   0 木10AM ??         0:02.34 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND
   70   320   141   0 木10AM ??         0:00.00 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND
  501 32954 32161   0  7:31PM ttys004    0:00.00 grep httpd

参考

【Linux】ps実行時に-efオプションを付ける理由 | 金融エンジニア

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3