Help us understand the problem. What is going on with this article?

スライスを返すときはcapに注意しよう

More than 1 year has passed since last update.

次のコードの出力を予想してみてください。

package main

import (
    "fmt"
)

func splitbyzero(xs []int) ([]int, []int) {
    for i, x := range xs {
        if x == 0 {
            return xs[:i], xs[i:]
        }
    }
    return xs, []int{}
}

func main() {
    data := []int{1, 2, 3, 0, 1, 2, 3}
    x, y := splitbyzero(data)
    fmt.Printf("x: %v\n", x)
    fmt.Printf("y: %v\n", y)
    x = append(x, 42)
    fmt.Printf("x: %v\n", x)
    fmt.Printf("y: %v\n", y)
}

https://play.golang.org/p/3ILJsxhR_9b

結果はこうなります。

x: [1 2 3]
y: [0 1 2 3]
x: [1 2 3 42]
y: [42 1 2 3]

x = append(x, 42) により、y 側のデータが上書きされてしまっています。

これは、 xs[:i] によって作られるスライスの capacity が cap(xs) になっており、 append で再利用できると判断されているからです。

Go プログラマーは一般的に append を安全な操作だと認識しているので、 append() によって他のデータを破壊してしまう可能性があるスライスを返してはいけません。

この場合、 xs[:i]xs[:i:i] に書き換えれば、 x の capacity は len と同一になるので安全になります。

https://play.golang.org/p/fwWsuPv7Bki

このスライスの構文は "Full slice expression" と呼ばれます。(Slice expressions を参照)

Full slice expression の3つ目の添字は、 capacity ではなくて max です。途中をスライスするときは、 xs[a:b:b] になります。 (xs[a:b:b-a] ではありません)

個人的には、よく使われる max を省略する方のスライス式 xs[begin:end] で、 max が end ではなく cap(xs) として扱われるのはGoの設計ミスだと思います。
テストしてても気づきにくいバグを生み出しやすい () ので、デフォルトが安全側で、パフォーマンスを気にするときだけ再利用可能な領域を指定する方が良かった。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした